企業研究

【オリンパスの強み】なぜ業界トップなのか?図解でわかる企業研究

【オリンパスの強み】なぜ業界トップなのか?図解でわかる企業研究

この記事では医療機器メーカーのリーディングカンパニーであり、世界でも圧倒的な地位を確立しているオリンパスの強みについて、図解を使いながらわかりやすく解説します。

オリンパスはカメラのイメージが強いですが、

2021年1月にカメラなどの映像事業を売却するなど事業再編を加速

させており、医療機器事業への経営資源の注力により今後さらなる成長が期待される注目の企業です。

以下のような人におすすめ!

  • オリンパスに就職したい。
  • 医療機器メーカーに興味がある。
  • 業界トップの医療機器メーカーで働きたい。
  • オリンパスの強み、技術力を知りたい。

月に3万人以上の就活生に読まれる当サイト運営者トシの『イチオシ就活サイト』も紹介しますよ!

結論

オリンパスの強みをまとめると以下の3つです。

  • オリンパスの強みの1つ目は、内視鏡事業の圧倒的な世界シェアである。
  • オリンパスの強みの2つ目は、世界トップの内視鏡技術である。
  • オリンパスの強みの3つ目は、医療分野を取り巻く環境への対応力である。

データは以下を参照しています。

さらに日経ビジネスや日経XTECHなどの経済誌から得た情報も加えながら、それぞれの強みについて詳しく解説していきます。

また、オリンパスの内視鏡の歴史についても、わかりやすく説明していきます。

それではいきましょう!

オリンパスの強み「内視鏡事業の圧倒的な世界シェア」

オリンパスの強みは内視鏡事業のシェアである

オリンパスの強みの1つ目は、内視鏡事業の圧倒的な世界シェアです。

その世界シェアは70%以上であり、市場規模は3,500〜3,700億円。

さらに市場は今後も年間4〜6%ずつ成長していくと予想されています。

内視鏡とは直接映像を見ながら、検査や治療を行える医療機器です。

胃がんや大腸がんなどの早期発見ができ、症状によっては、その場で患部を切除・治療することができます。

また内視鏡で治療を行うことで、体にメスを入れることなく、最小限の範囲にしぼり治療ができるため、体への負担は小さく、術後の回復も早いことが特徴です。

オリンパスの内視鏡は1950年に医師からの依頼で世界初の実用的な胃カメラを開発したことから始まりました。

その後、ファイバースコープやハイビジョン内視鏡システムなど、

医師や患者のニーズに寄り添った開発を行い、長年の信頼関係を築いてきた

ことにより、今日の圧倒的なシェアにつながっています。

オリンパスの強みは内視鏡事業の歴史である

医療分野において、一度築いた信頼関係は簡単に崩れるものではありません。

たとえオリンパスの内視鏡よりも

安価で、カタログスペック的には優れた製品であっても、医師はオリンパス製の内視鏡から安易に切り替えることはしない

と考えられます。

以下にユーザーである医師の方が書いたオリンパスの内視鏡についての記事を引用します。

約6年前でしょうか、

オリンパスに粉飾決算(オリンパス事件)の際も、医師らは、「会社のごたごたとオリンパスの高度な技術力とは、全く別物である」として、オリンパス製品を使用し続けました。

ライブドア、東芝などの例もあるように、普通では会社が潰れてしまうような事態だったのですが、影響は限定的でした。それ位高い信頼性を得ていたのです。

そしてそのブランドイメージは、今でも医師の間では強固なものがあります。

当院でもオリンパスを使用しております。

製品としてももちろんいいのですが、一番の理由は今までずっと使ってきたからです。

医師にとっては内視鏡は体の一部です。

ほんの少しの操作性が変わることも、画質が落ちることも妥協できないのです。

出典:医療法人博侑会吉岡医院、2017年2月27日、「オリンパスに追いつけるか」より引用

世界の多くの医師にとって内視鏡といえばオリンパスであり、使用する器具の信頼性や使用感がいかに重要であるかがよくわかります。

世界初の胃カメラの開発から50年以上にわたり医師と協働開発を行ってきた

その信頼感と、医師の視点・患者の視点に立った「ものづくり」による内視鏡事業の圧倒的な世界シェア

がオリンパスの強みです。

医師と長年にわたり協働開発を行ってきた信頼感と、医師の視点・患者の視点に立った「ものづくり」で築いた内視鏡事業の圧倒的な世界シェアがオリンパスの強み

オリンパスの強み「世界トップの内視鏡技術」

オリンパスの強みの2つ目は、世界トップの内視鏡技術です。

1919年に創業したオリンパスは

「世界に認められる顕微鏡をつくる」「顕微鏡の国産化により、医学の発展に貢献したい」

という思いから、1920年にオリンパス初の顕微鏡「旭号」を開発。

顕微鏡事業で培った技術力を活かすことにより、内視鏡事業においてもオリンパスは世界屈指の技術力を誇ります。

2020年7月には次世代内視鏡システム「EVIS X1(イーヴィス エックスワン)」を発売しました。

以下に特徴を書きます。

  • 病変の発見・診断・治療の質や検査効率の向上を目指した技術を搭載
  • がんなどの消化器疾患やの早期発見・早期診断・低侵襲治療(なるべく体に傷をつけずに行う治療)に貢献
  • 4Kにより画面がきれいで明るくなり、手術時の見えやすさが向上するとともに、色の表現が豊富になり非常に小さな組織でも容易な識別できる
オリンパスの強みは次世代内視鏡システムのEVIS X1である

出典:オリンパス統合レポート2020年3月期

またオリンパスは2019年2月に国内で初めて

大腸の内視鏡画像から、がんなどの病変を見つけるAI(人工知能)搭載ソフトウェア「EndoBRAIN(エンドブレイン)」

を発売しました。

AIにより検査中にリアルタイムでがんを判別することができる機能により医師の診断をサポートすることができ、内視鏡診断・治療の質を向上させています。

大腸にできるイボ(ポリープ)の診断には

熟練した技術が必要で正診率は7割程度であるため、良性腫瘍だと判断したポリープが「がん」であった

という事例が生じています。

一方、エンドブレインの正診率は驚異の98%と熟練医師以上の精度であると報告されており、医師にとってはなくてはならない存在となっていくと予想されます。

2021年2月には大腸の湿潤がん診断用の「EndoBRAIN-Plus(エンドブレインプラス)」を発売。

エンドブレインなどと組み合わせることで大腸内視鏡診断を包括的に行うことができるようになりました。

このように

内視鏡システムとAI診断システムの融合による世界の内視鏡診断のレベルを一段引き上げるほどの圧倒的な内視鏡技術

がオリンパスの強みです。

AIの開発で日本はアメリカや中国に遅れをとっていますが、内視鏡用AI技術については世界をリードしています。

その理由は

  • オリンパスが世界に先駆けて内視鏡を開発したことで日本には内視鏡を使える医師が多い
  • 内視鏡での治療実績が他国よりも多いためAIが学習に使う画像データを豊富にもつ

だと言われています。

このメリットを活かした世界へのさらなる進出と成長が期待されます。

次世代内視鏡システムとAIによる画像診断技術による世界トップの内視鏡技術がオリンパスの強み

オリンパスの強み「医療分野を取り巻く環境への対応力」

オリンパスの強みの3つ目は、医療分野を取り巻く環境への対応力です。

世界の医療機器業界全体の動きは以下の記事で解説していますので、ご参考にどうぞ。

>>【医療機器メーカー】就職・転職に勝つ業界研究!人気3社を徹底比較【特徴・動向〜年収も】

医療機器のグローバル市場は、世界的な高齢化の進展と新興国での需要拡大により拡大傾向です。

また世界で最も高齢化率の高い日本においても同じく市場は拡大し続けています。

それらの医療分野の動きの中で、

医療コストの削減とQOL(Quality of life:人生の質)の向上が求められており、早期診断と低侵襲治療(なるべく体に傷をつけずに行う治療)

がより重要となってきています。

オリンパスは今まで解説してきた内視鏡事業だけでなく、治療機器事業にも取り組んでいます。

オリンパスの強みは医療分野を取り巻く環境変化への対応力である

2021年3月期の売上高で見ると治療機器事業は全体の28%ですが、複数のM&A(企業・事業の合併や買収)を実施し、治療機器分野を強化することを発表しています。

特に消化器科、泌尿器科、呼吸器科の3分野に注力し、今までオリンパスの弱みであった分野を強みに変える経営戦略が取られています

このように内視鏡事業と治療機器事業の両輪により、医療分野を取り巻く環境に対応できる力を持っていることがオリンパスの強みです。

内視鏡事業と治療機器事業の両輪により、医療分野を取り巻く環境に対応できる力を持っていることがオリンパスの強み

オリンパスと同じ日本を代表する医療機器メーカーであり、総合ヘルスケアカンパニーへと成長を続けている富士フイルムについての記事を読み、比較することでオリンパスの企業研究を深めましょう。

>>【富士フイルムの強み】今、なんの会社?図解でわかる企業研究をご参考にどうぞ。

オリンパスから内定獲得!イチオシの就活サイトを紹介

オリンパスから内定獲得!イチオシの就活サイトを紹介

最後に業界トップ企業を目指す就活生必見の『イチオシ就活サイト』を紹介しますね。

すべて無料ですので、どんどん活用して内定獲得を目指しましょう!

『逆求人サイト』OfferBox/キミスカ /dodaキャンパス

『逆求人サイト』OfferBox/キミスカ /dodaキャンパス

逆求人サイトは企業からスカウトがくる『就活をめちゃくちゃ楽にしてくれる』便利な就活サイトです。

サイト名OfferBoxキミスカdodaキャンパス
参加企業数10,000社以上950社6,800社
就活生利用数3人に1人4人に1人5人1人
適性検査適性検査251問適性検査150問適性検査23問
費用無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
逆求人サイトとは
  • プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトが届く就活サイト
  • プロフィールを評価してくれた企業からスカウトがくるので内定に直結しやすい
  • 自分で企業探しするよりも効率的にエントリーを増やすことができる

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 自分のことを評価してくれる企業に出会いたい。
  • 自分に合った企業のエントリー(持ち駒)を自動で増やしたい。
  • CMをしている有名企業しか知らない。
  1. OfferBox
    →業界1位。就活生の『3人に1人』が登録。参加企業『10,000社以上』。経済産業省やニトリも参加。大学生協イチオシ。
  2. キミスカ
    →業界2位。大手グループ会社が参加。最高精度の『適性検査』で自己分析をサポート。
  3. dodaキャンパス
    →業界3位。教育大手のベネッセが運営。オファー受診率『97%』、オリコン顧客満足度『1位』。

上記3社から気になるサイトを選んでも良いですし、もちろん併用してもOKです。

例えば「1番人気のあるサイトだけ登録しておこう」という人は『OfferBox』だけを利用。

「無料だから全部使っておこう」という人は「3つとも利用してみる」など使い方は自由です。

3つのサイトを併用すれば色々な業界の大手から中小・ベンチャー企業まで幅広くスカウトをもらうことができますよ。

また、3つのサイトは精度の高い「自己分析ツール」を提供していますので、どんどん活用して自己分析を進めていきましょう。

▼OfferBoxの口コミはこのような感じ。

OfferBoxは3人に1人の就活生が利用しています。
逆求人サイトの利用は当たり前になってきていますね。

OfferBoxの評判・口コミをまとめた記事を書きましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

逆求人サイトおすすめ3社について徹底比較したい人はこちらを参考にどうぞ。

『就活サービス』digmee(ディグミー)

『就活サービス』digmee

LINEで就活ができるdigmeeは『グループディスカッション(GD)で無双できるようになる』体験型就活サービスです。

毎週開催されている無料オンラインイベントの中でもGD練習会の評判がとにかく高いので「GDが不安…」という人におすすめですよ。

またGD練習だけではなく情報収集からES・面接対策もLINEでできるので、スキマ時間に効率的に就活できてしまいます。

特に以下に当てはまる人はdigmeeの公式LINEをチェックしてみてくださいね。

  • LINEでサクサク就活を進めたい。
  • GDがとにかく苦手。練習したい。
  • 就活を何から始めたら良いのかわからない。
  • digmee
    →LINEで就活ができる次世代就活サービス。GD練習会で丁寧なフィードバックをもらえるので実力を伸ばせる。

▼口コミはこのような感じ。

digmeeはLINEだけで色々なサービスを受けられるのでめちゃくちゃ便利ですよ。
30秒で登録できるので、まずは試しに使ってみるのもいいですね。

digmeeの公式LINEはこちら。
→『https://aura-mico.jp

digmeeの評判・口コミが気になる人はこちらの記事をご覧ください。

『就活コミュニティ』irodasSALON (イロダスサロン )

『就活コミュニティ』irodasSALON

irodasSALONは就活のプロが『内定まで強力サポートしてくれる』お役立ち就活サービスです。

毎月40回以上開催されているセミナーでは自己分析ESGD面接対策ができますので就活力を上げたい人に特におすすめ。

また他の就活生とも交流できるので就活の仲間作りにベストですよ。

特に以下に当てはまる人は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

  • ひとりで就活を進めるのが不安。
  • ES・GD・面接対策の方法がわからない。
  • 早く内定を取って安心したい。
  • irodasSALON
    →コミュニティ型就活支援サービス。内定率『98%』、満足度『95%』。丁寧な選考サポートで内定まで徹底サポート。

▼口コミはこのような感じ。

irodasSALONはメンターだけじゃなく他の就活生との交流もできるので「就活コミュニティ」と呼ばれています。
「ひとりで就活を進めるのが不安」という人にぴったりのサービスですよ。

irodasSALONの公式サイトはこちら。
→『https://irodas.com

irodasSALONの評判・口コミをまとめた記事を書きましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活をサポートしてほしい!」という人はおすすめの就活エージェントをまとめた記事を参考にどうぞ。

イチオシ『厳選記事』

以下の記事でも就活に役立つ情報を詳しく解説していますので、読んで頂けると嬉しいです!

▼23卒・24卒向け!おすすめの就活サイトを知りたい人はこちら。

【2023卒・2024卒必見】新卒におすすめの就活サイト!

▼23卒向け!早期内定を獲得したい人にはこちら。

【早期選考|企業・業界一覧】2023卒が早期内定を獲得する方法7つ

▼24卒向け!就活がやばいのか知りたい人はこちら。

【24卒の就活はやばい?】やばいと言えない3つの理由を最新状況から解説

▼24卒向け!サマーインターンについて知りたい人はこちら。

【24卒のサマーインターンは何社が平均?】長期/大手インターンの探し方も解説

▼大学4年で就活を何もしてない人はこちら。

【大学4年で就活を何もしてない人必見】大学4年が今やるべき対策5つ!

▼大学3年で就活を何もしてない人はこちら。

【大学3年で就活を何もしてない人必見】今からやるべき5ステップ

▼大学2年で就活を何もしてない人はこちら。

【大学2年で就活を何もしてない人必見】大学2年でやるべき対策5つ!

まとめ 【オリンパスの強み】なぜ業界トップなのか?図解でわかる企業研究

この記事では医療機器メーカーのリーディングカンパニーであり、世界でも圧倒的な地位を確立しているオリンパスの強みについて解説してきました。

結論

オリンパスの強みは以下の3つです。

  • オリンパスの強みの1つ目は、医師と長年にわたり協働開発を行ってきた信頼感と、医師の視点・患者の視点に立った「ものづくり」で築いた内視鏡事業の圧倒的な世界シェアである。
  • オリンパスの強みの2つ目は、次世代内視鏡システムとAIによる画像診断技術による世界トップの内視鏡技術である。
  • オリンパスの強みの3つ目は、内視鏡事業と治療機器事業の両輪により、医療分野を取り巻く環境に対応できる力を持っていることである。

医療機器メーカーで、業界トップであるオリンパスの強みを理解して頂けたと思います。

内視鏡の圧倒的なシェアを世界トップの技術力で確保しながら、治療機器事業を強化していることがオリンパスの強みであり、今後も日本の医療機器メーカーを牽引する存在であることは間違いありません。

オリンパスは世界をリードするメゾテックカンパニーへと成長し、世界の人々の健康に貢献することを宣言しています。

また、治療機器事業の消化器科、泌尿器科、呼吸器科の3分野においても、内視鏡事業と同じくリーディングポジションを獲得し、営業利益率は20%超えを目指しています。

今後、医療機器業界の世界市場においてさらに地位を高め、グローバルトップへの成長が期待されます。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!