MENU
内定のコツ

【SPIが苦手な人必見】全く解けない人・全然できない人の特徴と対策を解説!

【SPIが苦手な人必見】全く解けない人・全然できない人の特徴と対策を解説!

「SPIが全く解けない…」「SPIがとにかく苦手…」と悩んでいる就活生は多いですよね。

SPIの点数で足切りする企業もあるので、SPIはすべての就活生がしっかり対策すべき。

とはいえ「そもそもどうやって対策すればいいの?」という人もたくさんいます。

そこで、この記事ではSPIが苦手な人に向けて、全く解けない人・全然できない人の特徴と対策を徹底解説していきます。

また、SPIを受けなくても選考に進める就活サイトも合わせて紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事は以下の就活生におすすめ!

  • SPIが全く解けない。とにかく苦手。
  • おすすめのSPI対策を知りたい。
  • SPIを受けずに選考に進める方法を知りたい。

月に3万人以上の就活生に読まれる当サイト運営者トシが『SPIが全く解けない人の特徴と対策』を解説しますよ!

結論

SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴は以下の通り。

  1. 時間がとにかく足りない。
  2. 解き方に慣れていない。
  3. そもそも解き方がわからない。

それではいきましょう!

目次
  1. SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴
  2. SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき言語問題のコツ
  3. SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき非言語問題のコツ
  4. SPIが全く解けない・全然できない人必見のSPI対策
  5. SPIが全く解けない・全然できない人が活用すべき就活サービス
  6. まとめ|SPIが苦手な人はとにかく練習。それでも無理な人は逆求人サイトを活用しよう!

SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴

SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴

最初に、SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴を共有しますね。

まずはSPIが苦手な人の特徴をチェックしていきましょう。

SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴

SPIが全く解けない・全然できない人の特徴①時間がとにかく足りない

SPIが全く解けない・全然できない人は、時間が足りないことが特徴です。

SPIでは「言語分野」「非言語分野」の2種類が出題されますが、Webテストとテストセンターでは1問ごとに制限時間が決まっているのが難しい点ですね。

ペーパーテストでもトータルの時間は決まっているので難しいのは同じです。

SPIではわからない問題を飛ばしながら、どんどん解いていくことが高得点のコツ。

ですが、時間配分を考えながら問題を解く対策をできていない人は時間が足りずに「SPIが全然できない…」となってしまうので注意です。

SPIが全く解けない・全然できない人の特徴②解き方に慣れていない

SPIが全く解けない・全然できない人は、まだ解き方に慣れていないことが特徴です。

SPIはとにかく慣れが大事。

問題の傾向や解き方を知っているのと知らないのでは、問題を解くスピードが圧倒的に変わります。

問題に慣れるには、問題集で繰り返し練習して完璧に理解できるまで解き続けることが重要ですよ。

SPIが全く解けない・全然できない人の特徴③そもそも解き方がわからない

SPIが全く解けない・全然できない人は、そもそも解き方がわからないことが特徴です。

SPIには「言語分野」と「非言語分野」がありますが、特に「非言語分野」はそもそもどうやって解いたら良いかわからない人も多いです。

ですが、ここは差がつくところでもあるので、じっくり時間をかけて問題集を解くようにしましょう。

SPIはどれだけ解く練習をしたかが結果に直結します。

しっかり対策をすれば高得点を取れるようになるのもSPIの特徴ですよ。

SPIはなによりも練習が大事です。
また解き方のコツを知っておくことも重要ですので、次の章で紹介しますね。

SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき言語問題のコツ

SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき言語問題のコツ

次に、SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき言語問題のコツを解説していきます。

「言語問題ってどうやって解いたらいいの?」という人は参考にしてみてくださいね。

SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき言語問題のコツ

SPIの言語問題を解くコツ①暗記問題は一瞬で処理する

SPIの暗記問題は一瞬で処理しましょう

熟語やことわざは知っていれば即回答。

知らなければ解きようがないので、悩むだけ時間がもったいないです。

すぐに飛ばして、長文問題に使える時間を確保するようにしてくださいね。

SPIの言語問題を解くコツ②文の並び替えはつなぎやすい部分から並べる

SPIの文の並び替えはつなぎやすい部分から並べるようにしましょう

文の並び替え問題では、選択肢を並べ替えて意味の通る文にしますが、前からつないでいく必要はありません。

わかっている部分からどんどんつないでいくのが正解のコツ。

順番を考えすぎずに、つなぎやすい部分から並べるようにしてくださいね。

SPIの言語問題を解くコツ③長文問題は設問を読んでから本文を読む

SPIの長文問題は設問から先に読むようにしましょう

本文を最初から最後まで読んでから設問を読んで、再度本文から答えを探すやり方で進めると時間が足りなくなる可能性が高いです。

まずは設問を読んで、内容をざっくり把握した上で本文を読むと時間を短縮できますので試してみてくださいね。

言語問題は知らないと解けない問題があります。
時間がもったいないので、わからない問題は飛ばして他の問題を解くのが高得点のコツです。

SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき非言語問題のコツ

SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき非言語問題のコツ

続いて、SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき非言語問題のコツを解説していきます。

「非言語問題がさっぱりわからない…」という人はチェックしてくださいね。

SPIが全く解けない・全然できない人が知っておくべき非言語問題のコツ

SPIの非言語問題を解くコツ①公式を使いこなす

SPIの非言語問題では簡単な公式を使う問題が出題されます

たとえば、料金の問題では次の公式ですね。

  • 定価(円)=原価(円)x(1+利益率)
  • 定価(円)=原価(円)+利益(円)

原価100円の商品に2割の利益をのせて販売する場合の定価は、100円x(1+0.2)=120円。

その時の利益は、120円-100円=20円です。

このような簡単な問題は一瞬で解けるように練習しておきましょうね

当日焦ってしまうと意外に時間がかかってしまうこともありますので注意です。

また、速さ・時間・距離の問題では次の公式を覚えておきましょう。

  • 速さ(km/時)=距離(km)÷時間(時)
  • 時間(時)=距離(km)÷速さ(km/時)
  • 距離(km)=速さ(km/時)x時間(時)

以下のような問題がよく出題されます。

Aが2km/時、Bが3km/時で歩く。Aが家を出発した3分後にBが家を出発した。Bは何分後にAに追いつくか?

苦手意識を持っている人も先ほどの式を覚えておけば簡単に答えられますよ

Bが家を出る時にAは、2km/時x(3分÷60分)=0.1km離れたところにいますね。

AとBの速度の差は3km/時-2km/時=1km/時ですので、0.1km÷1km/時=0.1時間で追いつく。

つまり、0.1時間x60分=6分後に追いつくことがわかりますね。

このように覚えないといけない公式自体は小中学校レベルですが、意外と忘れがちなので復習しておきましょう。

SPIの非言語問題を解くコツ②暗算でサクサク解く

SPIの非言語問題では、暗算でサクサク解いて時間を節約する必要があります

筆算を使っても良いですが、全てを筆算する時間はありません。

簡単な計算問題は暗算で解く練習をしておきましょう。

また、SPIは選択問題なので、概算で解ける問題もあります。

たとえば「69の31%は?」という問題で、選択肢が①2.1、②3.1、③21、④31なら筆算は必要ありません。

「69を70、31%を30%と考えて、70×30%=70×0.3=21なので③21」とすると暗算でも解けてしまいます。

「69の31%なので大体1/3と考えて23。近いのを選ぶと③21」のように解くのもOKです。

できるだけ筆算を使わないように暗算でサクサク解く練習をしてみてくださいね。

SPIの非言語問題を解くコツ③推論問題は図を書いて解く

SPIの非言語問題の推論問題は、図を書いて解くようにしましょう

「Aの順位はBより上。Cの順位はBの順位より上だが1位ではない。」というレベルの問題なら図を書くまでもなくA:1位、C:2位、B:3位であることがわかります。

ですが、登場人物がさらに増えると図を書かないと混乱するので注意。

図さえ書けば簡単に解けてしまう問題も多いので、しっかり練習して推論問題に慣れておきましょうね。

非言語問題は苦手な人が多いのが特徴ですね。
練習あるのみなので、じっくり取り組みましょう。

SPIが全く解けない・全然できない人必見のSPI対策

SPIが全く解けない・全然できない人必見のSPI対策

ここからは、SPIが全く解けない・全然できない人必見のSPI対策を紹介していきますよ。

SPIが全く解けない・全然できない人必見のSPI対策

全く解けない・全然できない人のSPI対策①まずは1回模擬試験を受ける

SPIが全く解けない・全然できない人は、まずは1回SPIの模擬試験を受けてみましょう

SPIの模擬試験は問題集に収録されているものでOKです。

実際に解いてみることで自分が苦手な分野、得意な分野を理解することが最初のステップ。

SPIは出題範囲が決められているので本番でも同じような問題が出題されます。

よって、苦手な分野を集中して勉強することが得点アップのコツと言えますね。

現時点でできていなくても大丈夫なので、まずは実力を把握してみましょう。

なお、問題集は人気No1の以下を選べば間違いはないです

他の問題集と比べて、問題の質や量、難易度に優れているので、これ以外を選ぶ意味はないですね。

全く解けない・全然できない人のSPI対策②問題集の中から苦手な分野に集中して解く

SPIが全く解けない・全然できない人は、問題集の中から苦手な分野に集中して解いていきましょう

SPIの模擬試験でわかった自分の苦手な分野を解けるようになれば大幅に得点があがります。

問題集は前から解いていく必要はありません。

特に時間がない人は、苦手な分野を徹底的に解くようにしてくださいね。

全く解けない・全然できない人のSPI対策③問題集を3周する

SPIが全く解けない・全然できない人は、問題集を3周しましょう

問題集は1周だけではなく、何度も繰り返し解いて完璧に解き方を理解するのがポイント。

苦手な分野を何度も解き直しながら、得意な分野もさっと解いてみてください。

SPIはとにかく問題を解きまくって問題形式に慣れること。

制限時間内にスピードを上げてサクサク解く練習をすることがとにかく大事ですよ。

3周できたら他の問題集を買ったり、実際にテストを受けることで力試しをしてみてくださいね。

驚くほどSPIができるようになっていること間違いなしです。

SPIは同じ問題集を1周だけではなく、何度も解くことが得点アップのコツですよ。

SPIが全く解けない・全然できない人が活用すべき就活サービス

SPIが全く解けない・全然できない人が活用すべき就活サービス

最後に、SPIが全く解けない・全然できない人が活用すべき就活サービスを紹介します。

「やっぱりSPIは苦手…」という人は、SPI免除で選考に進める就活サービスをチェックしてみてくださいね。

SPIが全く解けない・全然できない人が活用すべき就活サービス

SPIが全く解けない・全然できない人必見|逆求人サイト

SPIが全く解けない・全然できない人は、SPI免除のスカウトがもらえる「逆求人サイト」を活用しましょう

逆求人サイトは『就活をめちゃくちゃ楽にしてくれる』便利な就活サイトですよ。

サイト名OfferBoxキミスカdodaキャンパス
参加企業数10,000社以上950社6,800社
就活生利用数3人に1人4人に1人5人1人
適性検査適性検査251問適性検査150問適性検査23問
費用無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
逆求人サイトとは
  • プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトが届く就活サイト
  • プロフィールを評価してくれた企業からスカウトがくるので内定に直結しやすい
  • 自分で企業探しするよりも効率的にエントリーを増やすことができる

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてください。

  • SPI免除の自分のことを評価してくれる企業に出会いたい。
  • 自分に合った企業のエントリー(持ち駒)を自動で増やしたい。
  • CMをしている有名企業しか知らない。
  1. OfferBox
    →業界1位。就活生の『3人に1人』が登録。参加企業『10,000社以上』。経済産業省やニトリも参加。大学生協イチオシ。
  2. キミスカ
    →業界2位。大手グループ会社が参加。最高精度の『適性検査』で自己分析をサポート。
  3. dodaキャンパス
    →業界3位。教育大手のベネッセが運営。オファー受診率『97%』、オリコン顧客満足度『1位』。

上記3社から気になるサイトを選んでも良いですし、もちろん併用してもOKです!

例えば「1番人気のあるサイトだけ登録しておこう」という人は『OfferBox』だけを利用。

「無料だから全部使っておこう」という人は『3つとも利用してみる』など使い方は自由です。

3つのサイトを併用すれば色々な業界の大手から中小・ベンチャー企業まで幅広くスカウトをもらうことができますよ。

また、3つのサイトは精度の高い『自己分析ツール』を提供していますので、どんどん活用して自己分析を進めていきましょう。

この記事では逆求人サイトNo.1の『OfferBox』を紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼OfferBoxの口コミはこのような感じ。

OfferBoxは3人に1人の就活生が利用しています。
逆求人サイトの利用は当たり前になってきていますね。

逆求人サイト3社は以下で徹底比較していますので、他の逆求人サイトも気になる人は参考にどうぞ。
【逆求人サイトおすすめ3選】OfferBox・キミスカ・dodaキャンパスを徹底比較

OfferBox(オファーボックス)

OfferBoxの特徴

公式サイト『https://offerbox.jp

  • 大手からベンチャーまで10,000社以上が利用する最大手の逆求人サイト
  • 経済産業省や資生堂、マイクロソフト、ニトリも利用するほどの信頼性
  • 就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴

OfferBox 』は大手からベンチャーまで10,000社以上が参加する最大手の逆求人サイトです。

就活生の3人に1人が利用する人気の高さがポイントですね。

参加している企業の一例は以下の通り。

OfferBoxの特徴2

参加している15%が上場企業なので大手・優良企業から普通にスカウトがきますよ。

ES・適性検査なしの特別枠選考インターンシップに招待されることもあるので、内定につながりやすいことも大きなメリットと言えますね。

また、OfferBoxでは「AnalyzeU+」という自己分析ツールを使うことができます。

251の質問に答えることで社会で求められる力を「偏差値」で計れることが特徴ですね。

AnalyzeU+を受ければ自己分析で重要な「自分で気づいていない自分自身」がわかりますので、自分の強みを効率良く見つけることができますよ。

OfferBoxの適性検査の特徴4

AnalyzeU+の診断結果は「社会人基礎力 11項目」「次世代リーダー力 14項目」の計25項目で表示され、特に点数が高かったものは星印がついています。

OfferBoxの特徴3

星印の項目は自分の特徴として強く出ている部分。

この特徴を発揮した過去の出来事を探すことで簡単に自己PRを作ることができますよ。

OfferBoxでは「適性診断360度」でLINEを使って友達や親に自分の評価を依頼することもできます。

他己分析をしてみたいけど「どんな質問をしたら良いかわからない」という人には特におすすめ。

自分の得点と併せてグラフで表示されるので一目でわかりやすいですね。

OfferBoxの特徴4

OfferBoxでは次のようなスカウトがもらえますよ。

プロフィールを拝見し非常に共感致しました。【技術も能力もなくても人を動かす力がある】って、良い言葉ですね!

のように自分を認めてくれた上でコメントが届くので嬉しいですね。

OfferBoxは一斉送信ではなく人事が手作業でスカウトを送るシステム。

スカウトがきただけで企業が自分に興味をもっているとわかるのも良い点です。

少しでも気になる方は詳細をチェックしてみてくださいね。

\大手・優良企業からスカウトがくる/

OfferBoxの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

OfferBoxの評判・口コミが気になる人は以下を参考にどうぞ。
【OfferBox(オファーボックス)の評判】23卒向け!悪い口コミも解説

SPIが全く解けない・全然できない人必見|就活コミュニティ

次に、「irodasSALON(イロダスサロン)』を紹介しますね。

irodasSALONは就活のプロが『内定まで強力サポートしてくれる』お役立ちサービス。

SPI免除の特別選考を紹介してくれるので、SPIが苦手な人におすすめですよ。

毎月40回以上開催されているセミナーでは、自己分析やES、GD、面接対策ができるので就活力を上げるのも役立ちます。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • SPI免除の特別選考で内定を取りたい。
  • ひとりで就活を進めるのが不安。
  • ES・GD・面接対策の方法がわからない。
  • irodasSALON
    →コミュニティ型就活支援サービス。内定率『98%』、満足度『95%』。丁寧な選考サポートで内定まで徹底サポート。

irodasSALONはメンターだけじゃなく他の就活生との交流もできるので「就活コミュニティ」と呼ばれています。
「ひとりで就活を進めるのが不安」という人にぴったりのサービスですよ。

irodasSALON(イロダスサロン)

イロダスサロンの特徴1

公式サイト『https://irodas.com

  • 内定率98%、満足度95%の圧倒的な実績をもつ就活コミュニティ
  • 全国500校・年間13,000人以上の就活生が利用する信頼性の高さが特徴
  • 自分に合った企業の紹介や特別選考フローの案内をしてもらえる

irodasSALON』は内定率98%、満足度95%の実績をもつ就活コミュニティです。

全国500校・年間13,000人以上の就活生が利用している人気の高さが特徴で、23卒の就活をサポートする次のサービスをすべて無料で提供しています。

  1. キャリア講座:就活に関する講義が受けられる
  2. キャリア形成素材:就活系の教材がもらえる
  3. 適性検査:適性検査を受験し自己分析ができる
  4. メンター:就活相談や自分に合った企業を紹介してもらえる

※講座や面談はオンラインなので全国どこからでも参加できますよ!

イロダスサロンの特徴2

irodasSALONは月40回以上開催しているセミナーで自己分析から業界・企業研究まで効率的に進められることが特徴ですね。

GD対策や面接対策も徹底サポートしてくれるので就活力を圧倒的に高めることができます。

irodasSALONでは、23卒向けにしっかりと就活力をつけた上で選考に挑むスケジュールが計画されていますよ。

イロダスサロンの特徴3
  • 1か月目→自己分析講座<前編>+キャリア戦略講座<前編>
  • 2か月目→自己分析講座<後編>+キャリア戦略講座<後編>
  • 3か月目→GD・面接対策講座+キャリア戦略講座<後編>
  • 3か月目以降→選考・内定

友人を紹介したい75%」「講座・面談の満足度95%」と参加者の評価が非常に高いのも良い点です。

また、irodasSALONが他のメンターがつく就活サービスと比べて際立っているのが「信頼性の高さ」です。

irodasSALONではメンターやセミナー講師の方がTwitterで積極的に発信。

スタッフの方が顔と名前を出してTwitterで発信するのは「実はかなりすごいこと」で他の就活サービスでは見られません。

なぜなら、サービスに不満があると個人宛に炎上するリスクがあるからですね。

メンターやセミナー講師の方のアカウントを見ると精一杯キャリアサポートされていることがよくわかりますよ。(Twitterでirodasと検索すればOK)

irodasSALONの評判やどのようなスタッフがいるかが気になる人は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
【irodas(イロダス)の評判】やばいって本当?良い/悪い口コミを徹底解説

\23卒の就活を徹底サポート/

イロダスサロンの詳細を見る

【すべて無料】1分で登録できます

irodas SALONにはすでに14,000人以上が登録しています。

メンターがサポートできる人数にも限界があるので、締め切られる前に登録しておくと安心です。

SPIが全く解けない・全然できない人必見|合同選考イベント

最後に、中小規模の合同選考イベント最大手の『Meets Company(ミーツカンパニー)』を解説していきますね。

Meets Companyは『面接力を徹底的に鍛えながら内定も獲得できる』内定直結型サービス。

2〜8社が参加する中小規模の合同選考イベントにSPIなしで参加できるので、SPIに自信がない人におすすめです。

また、一次面接などが免除される特別選考をもらえるチャンスがあるので内定を獲得しやすいのもポイント。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • SPIなしで色々な企業の選考に参加したい。
  • 合同選考イベントで自分に合った企業を効率的に探したい。
  • 優良企業から特別選考枠をもらって早期内定を獲得したい。
  • ミーツカンパニー
    →合同選考イベントNo.1の就活サービス。イベント数は『年間1,000回以上』。オンラインで参加できる。

合同選考イベントはSPIなしで、直接人事と話せる利用価値の高い就活サービスなので、ぜひ活用してみてくださいね。

Meets Company(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニーの特徴

公式サイト『https://www.meetscompany.jp

  • 2〜8社と同時選考できるイベントを全国各地で開催している就活サービス
  • 年間1,000回以上、イベントを開催しているので予定に合わせて参加できる
  • オンラインや主要都市7か所を中心とした日本全国でイベント開催

ミーツカンパニー』は東証一部上場企業からベンチャー企業まで幅広い優良企業が参加する合同選考イベントを開催する就活サービスです。

ミーツカンパニーの合同選考イベントは、オンラインや日本全国で2〜8社と同時に出会えるのがポイント。

少人数グループでの座談会では1社1社とじっくり話ができるところが特徴ですね。

ミーツカンパニーの特徴2

色々な業界から厳選された企業の人事担当者と話しながら、自分に合った企業を探すことができますよ。

ミーツカンパニーは年間1,000回以上イベントが開催されているなど、業界トップを走る就活サービス。

イベントで出会った企業の選考を受ける前には、専任リクルーターから自己分析、ES添削、面接対策といった選考サポートが受けられるのも良い点です。

合同選考イベントで就活力を伸ばしながら内定獲得を目指しましょう。

\オンラインで2〜8社と同時選考できる/

ミーツカンパニーの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

ミーツカンパニーは就活サポートも充実

ミーツカンパニー』は業界最大手の就活サポートも提供しています。

公式サイト『https://www.meetscompany.jp

ミーツカンパニーだけの特別選考もあるので「まずは1社から内定をもらいたい」という人におすすめですね。

ミーツカンパニーは就活のプロが丁寧に面談してくれるので、満足度が圧倒的に高いのがすごいところ。

自己分析やES添削、面接対策といった選考サポートも業界トップレベル

SPIを受けたくない人が活用すべき就活サービスです。

\23卒を内定までしっかりサポート/

ミーツカンパニー就活サポートの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

まとめ|SPIが苦手な人はとにかく練習。それでも無理な人は逆求人サイトを活用しよう!

この記事ではSPIが苦手な人に向けて、全く解けない人・全然できない人の特徴と対策を解説してきました。

結論

SPIが全く解けない人・全然できない人の特徴は以下の通り。

  1. 時間がとにかく足りない。
  2. 解き方に慣れていない。
  3. そもそも解き方がわからない。

SPIは練習をすればするほど正解率と解くスピードが上がります。

選考に進むためには突破しないといけない関門ですので、ぜひ対策してみてくださいね。

それでもSPIがうまくいかない人は紹介した就活サイトも活用しながら、就活を効率的に進めていきましょう。

▼23卒にはこちらの記事もおすすめ。