内定のコツ

【就活では平均で何社落ちる?】理系・文系別!何社受けるのかも徹底解説

【就活では平均で何社落ちる?】理系・文系別!何社受けるのかも徹底解説

就活では平均で何社落ちるの?」「他の就活生は何社受けているの?」と気になる就活生は多いですよね。

就活ではどんな優秀な人でもすべての企業に受かるわけではありません。

なぜなら企業は「優秀な人」と同じくらい、「自社の社風・価値観に合っている」ことを重視して採用するからです。

よって就活で落ちるのは当たり前。

では就活は何社くらい落ちてしまうものなのか?

この記事では就活では平均で何社落ちるのかを詳しく解説します。

就活は何社受けるのが平均か、受けるべき企業をどのように探すのかも徹底解説しますので、最後まで読んでみてくださいね。

この記事は次の就活生におすすめ!

  • 就活では平均で何社落ちるのかを知りたい
  • 就活は何社受けるのが平均かを知りたい
  • 受けるべき企業の探し方を知りたい

月に5万人以上の就活生に読まれる当サイト運営者トシが『就活では平均で何社落ちるのか』を解説しますよ!

結論

就活では平均で12.7社に落ちます
落ちるのが当たり前なので同時に複数の企業を受けましょう。
理系・文系別の落ちる企業数は以下の通り。

  • 理系男子:平均8.6社
  • 理系女子:平均10.6社
  • 文系男子:平均15.6社
  • 文系女子:平均13.5社
目次
  1. 就活では平均で何社落ちる?【結論:平均12.7社】
  2. 就活では平均で何社受ける?|就活データまとめ
  3. 就活で何社落ちるか不安な人向け受けるべき企業の探し方3つ
  4. 就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるメリット3つ
  5. 就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるデメリット3つ
  6. まとめ|就活では平均で何社落ちる?

就活では平均で何社落ちる?【結論:平均12.7社】

就活では平均で何社落ちる?【結論:平均12.7社】

さっそくですが、就活では平均で何社落ちるのかを解説します。

結論からお伝えすると、平均12.7社の選考に落ちます。

DISCOの23卒データは次の通り。

活動社数
エントリーシート提出15.2社
面接受験9.2社
最終面接3.3社
内定2.5社

15.2社の選考を受け、最終的に内定を獲得できたのは2.5社。

よって、12.7社に落ちたことがわかります。

データからも就活では落ちるのが当たり前。

本当に自分に合った企業でないと内定をもらうのは難しいということが言えますね。

理系の就活は平均で何社落ちる?【結論:平均9.6社】

理系の就活では平均9.6社の選考に落ちます

DISCOの23卒データは次の通り。

理系平均理系男子理系女子
エントリーシート提出12.1社11.1社13.1社
面接受験7.5社6.9社8.0社
最終面接3.2社3.0社3.3社
内定2.5社2.5社2.5社

12.1社の選考を受け、最終的に内定を獲得できたのは2.5社。

よって、9.6社に落ちたことがわかります。

理系の就活生は比較的落ちる数は少なめ。

それでも約10社は落ちることを知っておきましょう。

文系の就活は平均で何社落ちる?【結論:平均14.6社】

文系の就活では平均14.6社の選考に落ちます

DISCOの23卒データは次の通り。

文系平均文系男子文系女子
エントリーシート提出17.2社18.2社16.1社
面接受験10.3社10.7社9.8社
最終面接3.4社3.5社3.3社
内定2.6社2.6社2.6社

17.2社の選考を受け、最終的に内定を獲得できたのは2.6社。

よって、14.6社に落ちたことがわかります。

文系は理系よりも多くの企業の選考に参加する傾向があります。

その分、落ちてしまう企業も増えると言えますね。

内定を獲得するのは簡単ではありません。

エントリー数が少なすぎると、あっという間に持ち駒がなくなってしまうので注意ですよ。

就活で平均以上に落ちる人の特徴2つ

就活で平均以上に落ちる人の特徴もあわせて紹介します。

次の2つの特徴があると平均以上に落ちてしまう可能性があるので注意ですよ。

◼︎就活で平均以上に落ちる人の特徴

  • 自己分析で自分の強みを洗い出せていない
  • 納得度の高い志望動機を作れていない

特徴①自己分析で自分の強みを洗い出せていない

就活で平気に常に落ちてしまう人は、自己分析で自分の強みを洗い出せていません

自己分析でまず理解したいことは「自分の強みは何か」ということ。

なぜなら自分の強みを洗い出した上で、志望する企業・職種で活かせる強みに合わせて自己PRを作るのが内定獲得のコツだからですね。

採用担当者は「自社とミスマッチがない人材か」「活躍できそうな人材か」を合格の基準にしています。

つまり、志望する企業・職種で活かせる強みをアピールすれば選考通過にグッと近づきますよ

なお、自己PRでは自分の強みが発揮されたエピソードも一緒に伝えると高評価をもらえます。

「なぜその強みがあると言えるのか」に説得力を持たせるには、具体的なエピソードが必要。

誰が聞いても「たしかに、その強みを持っていそうだな」と思えるエピソードを答えられるように準備してくださいね。

自己分析は逆求人サイトの『OfferBox』や『キャリアチケットスカウト』が提供している自己分析ツールを活用すればOKですよ。

特徴②納得度の高い志望動機を作れていない

志望動機は使い回しができないので、しっかり対策しているかどうかで差がつきます。

まずは「なぜ競合他社ではなく、御社を志望するのか」を自分の言葉で語れるようになりましょう。

そのためには、企業の事業内容や職種ごとの業務内容、企業の求める人材を把握することが大事。

また、企業の競合他社の研究も行い、競合他社ではダメな理由を明確にすることで志望動機に説得力をつけることができますよ。

次に、自分の価値観や経験を元に以下をじっくり考えてみることが重要です。

  • その会社で自分は何をしたいのか?
  • なぜそれをしたいと思っているのか?

この2つを考えることで採用担当者に「なるほど、こういう性格でこういう経験をしてきた人だから自社を志望しているんだな」と納得してもらうことができます。

さらに、「御社でこういうことを成し遂げたい!」という将来のビジョンまで語ることができれば、他の就活生に差をつける熱意を伝えることができますよ。

就活は落ちるもの。どんどん受ける企業を増やしていくことが大事です。

就活では平均で何社受ける?|就活データまとめ

就活では平均で何社受ける?|就活データまとめ

続いて、就活では平均で何社受けているのかを就活データからまとめて解説します。

先ほどと同じDISCOの23卒データを見ていきましょう。

活動社数通過率
エントリーシート提出15.2社60.5%
面接受験9.2社35.9%
最終面接3.3社75.8%
内定2.5社

就活では平均で何社受ける?|エントリーシート提出は平均15.2社

エントリーシート提出は平均15.2社

これより就活生は平均で15.2社の選考を受けていると言えますね。

エントリーシートの通過率は60.5%です。

10社に出したら6社通過して一次面接に参加できる程度の認識でOKですよ。

会ってみたいと思われるESを書いて通過率を上げよう

ES(エントリーシート)は本選考の最初の関門

通過しないと当然面接にも呼ばれないので、しっかり対策をしておきましょう。

質問事項としては「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」「自己PR」「志望動機」が定番。

どの質問においても以下を意識するようにしてくださいね。

  • 正しく論理的に回答しているか?
  • 志望企業にマッチしている人材だと伝えられているか?
  • 熱意が込められているか?

ESでは質問に対して「結論ファースト」で答えることが大前提

それに加えて文章がわかりやすく書かれていることが重要です。

自分を良く見せようと思って、難しい言葉を使ったり専門用語やビジネス用語を使うのは逆効果。

たとえば、自分の研究内容を説明する場合は「中学生が読んでも理解できるかな?」ということを意識しながら書くと良い文章になりますよ。

また、ESを書いた後は何度も読み返したり、誰かに読んでもらうことで「話に抜けはないか」「話が飛んでいないか」をチェックしてくださいね。

志望企業にマッチしている人材であることを伝えることも「会ってみたい」と思わせるためには重要。

ミスマッチがないことを伝えるためにも、徹底的に自己分析と企業研究をしておきましょう。

さらに「絶対に入社したい!」という熱意を文章に込めることで会いたいと思わせるレベルのESになります。

基本的なことですが、以下があると志望度が低いと思われるので注意です。

  • 誤字脱字がある
  • 空欄が多い
  • 納期ギリギリ

細部までしっかりと仕上げることが企業から評価されるコツでもあります。

「ESのレベルを上げたい!」という人はキャリアスクール『irodasSALON』のセミナーや添削サービスを活用しましょう。

「ESをすぐに添削してほしい…」という人必見の無料サービスはこちらの記事を参考にどうぞ。

就活では平均で何社受ける?|面接受験は平均9.2社

面接を受けるのは平均9.2社。

そのうち最終面接まで進むのが3.3社なので、一次面接・二次面接の通過率は35.9%です。

10社の面接に参加しても最終面接まで進めるのは3社程度であるため、簡単には通過できないことを知っておきましょう。

なお最終面接に参加した人のうち、内定をもらえるのは10人中7人ほど。

「最終面接までいったら内定確定」というのは間違いです。

最終面接でも落ちる可能性があることを覚えておいてくださいね。

面接練習を繰り返し行って通過率を上げよう

面接が苦手という人も多いですが、GDと同じく練習量で差がつくところでもあります。

(ほとんどの人は練習しないで本番に挑むので。)

面接練習では以下を意識してみてくださいね。

  • 第一印象を良く見せるためにできることは何か?
  • 質問の意図を理解して、結論と理由をシンプルに答えられるか?
  • 丸暗記ではなく、自然体で答えられるか?

面接では話す内容だけではなく、表情や姿勢などの視覚情報、声のトーンや大きさなど聴覚情報がかなり重要

採用担当者に「この人はいい感じだな」「一緒に働きたいな」と思われることが面接通過の第一条件でもあります。

たとえば、猫背になってしまう人は意識して背筋を伸ばす。

声が小さい人は意識して聞こえやすい声の大きさにするなど「いい感じの自分」を出せるように練習してみてくださいね。

面接では質問の意図を一瞬で理解して、結論とその理由をシンプルに答えることも大事です。

面接では時間をかけて質問の意図を考えることができないので、ESよりも難易度が高いと言えますね。

まずは、質問の意図を即座に理解する練習をしましょう。

質問の意図がつかめるようになった後は、結論とその理由をビシッと回答する練習もしてみてください。

なお、不安になって必要のないことまで話しすぎてしまう人がいますが、逆効果なので注意。

面接は質問に答える場ではなく面接官と会話する場だと考えることで、不自然に話しすぎたり変にアピールしすぎたりすることがなくなりますよ。

面接では丸暗記ではなく自然体で答えることも重要です。

面接で話すことを暗記するだけではなく、それを自然体で答えられるようになるまで繰り返し練習しておきましょう。

「でも、面接練習する人がいない…」という人は就活エージェント『JobSpring』を活用しましょう。

丁寧に模擬面接をしてくれますので、面接力をどんどん伸ばすことができますよ。

少なくても15社以上の選考を受けるようにしましょう。

就活で何社落ちるか不安な人向け受けるべき企業の探し方3つ

就活で何社落ちるか不安な人向け受けるべき企業の探し方3つ

就活ではたくさんの企業の選考に参加することが重要です。

とはいえ、やみくもに受けても企業の社風や価値観と一致せずに落ちてしまうのが事実。

そこでこの章では就活で何社落ちるか不安な人向けに受けるべき企業の探し方を解説します。

自分に合っている企業を次の方法で探してくださいね。

◼︎就活で受けるべき企業の探し方

  • 逆求人サイトで自分に合った企業からスカウトをもらう
  • 就活エージェント&キャリアスクールで紹介してもらう
  • 就活イベントでたくさんの企業に出会う
就活で何社落ちるか不安な人向け受けるべき企業の探し方3つ

受けるべき企業の探し方①逆求人サイトで自分に合った企業からスカウトをもらう

受けるべき企業の探し方1つ目は、逆求人サイトで自分に合った企業からスカウトをもらうことです。

登録しておくだけで早期選考やインターンのスカウトが届くので、受ける企業を効率的に増やしたい人には必須。

逆求人サイトは『就活をめちゃくちゃ楽にしてくれる』便利な就活サイトですよ。

逆求人サイトとは
  • プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトが届く就活サイト
  • プロフィールを評価してくれた企業からスカウトがくるので内定につながりやすい
  • 自分で企業探しするよりも効率的にエントリーを増やすことができる

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 自分のことを評価してくれる企業に出会いたい
  • 自分に合った企業のエントリー(持ち駒)を自動で増やしたい
  • CMをしている有名企業しか知らない
サイト名OfferBoxキミスカdodaキャンパス
参加企業数10,000社以上950社7,600社
就活生利用数3人に1人4人に1人5人に1人
適性検査適性検査251問適性検査150問適性検査23問
費用無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
  • OfferBox
    →業界1位。就活生の『3人に1人』が登録。参加企業『10,000社以上』。経済産業省やニトリも参加。大学生協イチオシ。
  • キミスカ
    →業界2位。大手グループ会社が参加。最高精度の『適性検査』で自己分析をサポート。
  • dodaキャンパス
    →業界3位。教育大手のベネッセが運営。オファー受診率『99%』、オリコン顧客満足度『1位』。

上記3社から気になるサイトを選んでも良いですし、もちろん併用してもOKです!

例えば「1番人気のあるサイトだけ登録しておこう」という人は『OfferBox』だけを利用。

「無料だから全部使っておこう」という人は、3つとも利用してみるなど使い方は自由です。

3つのサイトを併用すれば色々な業界の大手から中小・ベンチャー企業まで幅広くスカウトをもらうことができますよ。

また、3つのサイトは精度の高い自己分析ツールを提供していますので、どんどん活用して自己分析を進めていきましょう。

この記事では特に就活生から人気の高い『OfferBox』について詳しく解説しますね。

逆求人サイトおすすめ3社を徹底比較した記事を書きましたので、キミスカ・dodaキャンパスが気になる人はこちらの記事をどうぞ。

▼OfferBoxの口コミはこのような感じ。

OfferBoxと同じく24卒に必須と言えるのが、今注目を集めている『キャリアチケットスカウト』です。

スマホアプリで手軽にベンチャー企業を探せたり、自己分析が完成するのが特徴。

ぜひ活用して有利に就活を進めてくださいね。

  • キャリアチケットスカウト
    →価値観に合った相性の良い企業からスカウトが届く。5つの質問で自分の大事にしたい価値観が簡単にわかる。

▼キャリアチケットスカウトの口コミはこのような感じ。

OfferBoxは3人に1人の就活生が利用。
キャリアチケットスカウトで内定をもらう就活生もどんどん増えています。
逆求人サイトの利用は当たり前になってきていますね。

OfferBox(オファーボックス)

OfferBoxの特徴

公式サイト『https://offerbox.jp

  • 大手からベンチャーまで10,000社以上が利用する最大手の逆求人サイト
  • 経済産業省や資生堂、マイクロソフト、ニトリも利用するほどの信頼性
  • 就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴

OfferBox』は大手からベンチャーまで10,000社以上が参加する最大手の逆求人サイトです。

就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴ですね。

OfferBoxに参加している企業の15%が上場企業なので、大手・優良企業から普通にスカウトが届きますよ

OfferBoxの特徴2

ES・適性検査なしの特別枠選考に招待されることもあり、内定につながりやすいことも大きなメリットです。

また、OfferBoxでは「AnalyzeU+」という自己分析ツールを使うことができます。

251の質問に答えることで社会で求められる力を「偏差値」で計れるのがポイント。

AnalyzeU+を受ければ自己分析で重要な「自分で気づいていない自分自身」がわかりますので、自分の強みを効率良く見つけることができますよ。

OfferBoxの適性検査の特徴4

AnalyzeU+の診断結果は「社会人基礎力 11項目」「次世代リーダー力 14項目」の計25項目で表示され、特に点数が高かったものは星印がついています。

OfferBoxの特徴3

星印の項目は自分の特徴として強く出ている部分。

この特徴を発揮した過去の出来事を探すことで簡単に自己PRを作ることができますよ。

OfferBoxでは「適性診断360度」でLINEを使って友達や親に自分の評価を依頼することもできます。

他己分析をしてみたいけど「どんな質問をしたら良いかわからない」という人には特におすすめ。

自分の得点と併せてグラフで表示されるので一目でわかりやすいですね。

OfferBoxの特徴4

OfferBoxでは次のようなスカウトがもらえますよ。

プロフィールを拝見し非常に共感致しました。【技術も能力もなくても人を動かす力がある】って、良い言葉ですね!

のように自分を認めてくれた上でコメントが届くのが嬉しいですね。

OfferBoxは一斉送信ではなく人事が手作業でスカウトを送るシステム。

スカウトがきただけで企業が自分に興味をもっているとわかるのも良い点です。

少しでも気になる方は詳細をチェックしてみてくださいね。

\大手・優良企業からスカウトがくる/

OfferBoxの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

OfferBox(オファーボックス)の評判をまとめた記事を作りましたので、実際に利用した声を知りたい人は参考にご覧ください。

キャリアチケットスカウト

公式サイト『https://media.careerticket.jp

  • 価値観に合った相性の良い企業からスカウトが届く逆求人サイト
  • 5つの質問で自分の大事にしたい価値観が簡単にわかる
  • 決められた質問に答えるだけで自己PRとガクチカが完成する

キャリアチケットスカウト 』は価値観に合った相性の良い企業からスカウトが届く逆求人サイトです。

他の逆求人サイトよりも価値観がマッチしていることを重視してスカウトが届くので、「自分にぴったりの企業に出会いたい!」いう人におすすめ。

自分の価値観は5つの質問に答えるだけで簡単にわかります。

よって、就活をこれから始める人にもおすすめなサービスと言えますね。

キャリアチケットスカウトでは、決められた質問に答えるだけで自己PRとガクチカが完成します。

企業に評価される文章がサクッと作れるが良い点ですね。

作った自己PRとガクチカは、もちろん今後の就活で使えますよ。

他の就活生が知らない特別選考の案内をもらえるので、有利に就活を進められるのもポイント。

効率よく就活を進めておくためにもできるだけ早く利用しておくようにしましょう。

興味がある人はぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

\価値観に合った企業からスカウトが届く/

キャリアチケットスカウトの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

キャリアチケットスカウトの評判をまとめた記事を書きましたので参考にどうぞ。

受けるべき企業の探し方②就活エージェント&キャリアスクールで企業を紹介してもらう

受けるべき企業の探し方2つ目は、就活エージェント&キャリアスクールで企業を紹介してもらうことです。

就活エージェントは『就活力を徹底的に鍛えながら内定も獲得できる』内定直結型サービス。

ESや面接対策をしてもらえるのはもちろん、面談を元に自分に合った企業を紹介してもらうこともできます。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • ES・面接を徹底的に対策したい
  • 自分に合った企業の紹介をして欲しい
  • 就活のプロに内定までサポートして欲しい

この記事では就活生からの満足度がめちゃくちゃ高い『JobSpring』を紹介します。

24卒の就活では優良企業の特別選考枠が狙えますので、ぜひ活用して内定を獲得してくださいね。

  • JobSpring
    →本当に自分に合う企業を『3〜4社厳選』して紹介。徹底的なカウンセリングで自己分析が深まる。

▼JobSpringの口コミはこのような感じ。

選考対策をじっくり進めたい人はキャリアスクールを積極的に活用しましょう。

キャリアスクールは『選考突破レベルまで就活力を爆上げできる』サポート型の就活サービス。

特に人気が高いのは年間20,000人以上の就活生が利用する『irodasSALON』です。

10種類以上の就活講座や教材では自己分析やES・GD・面接対策ができますので就活力を上げたい人に特におすすめですよ。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • ひとりで就活を進めるのが不安
  • ES・GD・面接対策の方法が分からない
  • 早く内定を取って安心したい
  • irodasSALON
    →理想のキャリアを描くキャリアスクール。満足度『95%』、友人に紹介したい『75%』。丁寧な就活サポートで納得内定できる。

▼irodasSALONの口コミはこのような感じ。

選考対策をバッチリ進めて、自分に合う企業から内定を獲得してくださいね。

JobSpring(ジョブスプリング)

公式サイト『https://jobspring.jp

  • 自分の価値観に合った活躍できる3〜4社を厳選して紹介してくれる
  • ヒアリングとCUBIC適性検査で自分を深く理解できる
  • 就活ノウハウが学べるセミナーや企業と会えるイベントを開催
  • 就職エリア:首都圏中心
  • 面談場所:オンライン・東京

JobSpring 』は就活情報サイトをベースに、就活エージェントや就活セミナーなど就活全体をサポートしていることが特徴です。

Jobspringのエージェントサービスでは徹底的なカウンセリングをもとに多くの求人から自分の価値観に合った活躍できる企業を厳選

自分の強みを活かせる3〜4社を紹介してもらえますので、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

JobSpringでは「なぜその企業が自分に合うのか」「どんな魅力をもった企業なのか」を丁寧に説明してくれます。

よって、紹介された企業の選考に納得して挑めるのがポイントですね。

活躍できる企業を見つけるにはカウンセリングや適性検査で自分を深く理解することが最適。

仕事が楽しいと思える企業への入社を目指す24卒におすすめできる就活エージェントですよ。

\活躍できる企業を厳選して紹介/

JobSpringの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

irodasSALON(イロダスサロン)

irodas(イロダス)の特徴

公式サイト『https://irodas.com

  • 講座・面談の満足度95%の圧倒的な実績をもつキャリアスクール
  • 全国500校・年間20,000人以上の就活生が利用する信頼性の高さが特徴
  • 自分に合った企業の紹介や特別選考フローの案内をしてもらえる

irodasSALON』は講座や面談の満足度95%の実績をもつキャリアスクールです。

全国500校・年間20,000人以上の就活生が利用している人気の高さが特徴。

24卒の就活をサポートする次のサービスをすべて無料で提供していますよ。

  • 就活講座:10種類以上の就活に関する講義が受けられる
  • 就活教材:就活の全体像が学べる教材がもらえる
  • 適性検査:適性検査で自己分析ができる
  • アドバイザー:就活相談や自分に合った企業を紹介してもらえる

※講座や面談はオンラインなので全国どこからでも参加できます。

irodas(イロダス)の特徴

就活講座や教材を通じて、自己分析から業界・企業研究まで効率的に進められることが大きなメリットですね。

次のような就活講座が予定されているので、気になる講座があれば積極的に参加してみてくださいね。

  • 社会分析講座
  • 自己分析講座
  • 興味・得意を考える講座
  • 就活の軸形成講座
  • ガクチカ整理講座
  • 業界分析講座
  • さまざまな業界の業界勉強会

irodasSALONでは1人ひとりの就活の状況に合わせた丁寧なサポートや企業の紹介をしてもらえるのもすごいところ。

講座・面談の満足度95%」「友人を紹介したい75%」と参加者の評価が非常に高いのが良い点ですね。

irodas(イロダス)の特徴

irodasSALONでは内定につながりやすい早期選考や特別選考の紹介もしてもらえます。

700社以上の企業と提携しているので、自分に合った企業を探したい人にもおすすめですね。

irodas(イロダス)の特徴

irodasSALONを活用すれば、他の就活生に差をつける就活対策ができます

興味のある人は以下から詳細を確認してみてくださいね。

\24卒の就活を徹底サポート/

イロダスサロンの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

irodasSALON(イロダスサロン)の評判や口コミをまとめた記事を書きましたので参考にどうぞ。

受けるべき企業の探し方③就活イベントでたくさんの企業に出会う

就活イベントでたくさんの企業の出会うのも受けるべき企業の探し方の1つです。

就活イベントは『GD(グループディスカッション)で無双できるようになる』体験型GD対策サービス。

特に就活生から人気が高いのは1日に5〜10回のGD練習ができる『DEiBA(デアイバ) 』です。

丁寧なフィードバックをもらえるので「GDが不安…」という人におすすめですよ。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • GDが初めてで不安。とにかく練習したい
  • GD対策の方法がわからない
  • 1日でGD対策を終わらせたい
  • DEiBA
    →1日で5〜10回のGD練習ができる。年間10,000人の就活生が参加するGD特化型サービス。

▼DEiBAの口コミはこのような感じ。

繰り返しGDの練習をして、選考突破を目指しましょう。

DEiBA(デアイバ)

公式サイト『https://deiba.jp

  • 1日で5〜10回のGD練習ができるGD特化型サービス
  • 個別フィードバックをもらえるので内定レベルまで成長できる
  • 年間10,000人の就活生が参加する人気の就活イベント

DEiBA 』はGDの実力を圧倒的に伸ばしたい人が活用すべきGD特化型サービスです。

GDは適切なフィードバックをもらいながら実践的な練習を重ねることで、内定レベルの実力がつきます。

DEiBAでは1日で5〜10回のGD練習ができるので、場数を踏むには最適と言えますね。

1問ごとに採用担当の方からフィードバックがもらえるのがすごいところ。

イベントの最後にはGD中の発言や振る舞いをもとに採点された評価シートももらえますよ。

  • 統率力
  • 論理性
  • 協調性
  • 発信力

といったGD選考を通過するために必要な力が客観的に評価されるので、内定にグッと近づくことができます。

1日のイベントには6〜12社の企業が参加。

必ず1社以上のスカウトがもらえるので、早期内定につながりやすいのも良い点ですね。

DEiBAは年間10,000人の就活生が参加する人気の就活イベント。

GDが不安がある人は積極的に活用して他の就活生に乗り遅れないようにしましょう

興味のある人は以下から詳細をチェックしてみてくださいね。

\GDで無双できるようになる/

DEiBAの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるメリット3つ

就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるメリット3つ

続いて、就活で何社落ちるか不安な人向けに同時に何社も受けるメリットを解説します。

就活では落ちるのが当たり前なので、同時に複数の企業の選考に参加するのが重要です。

同時にいくつかの企業の受けることで次のメリットがありますよ。

◼︎就活で同時に何社も受けるメリット

  • 自分に合った企業を見つけられる
  • 選考の経験をたくさん積める
  • 落ちても他の企業があるので安心
就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるメリット3つ

就活で同時に何社も受けるメリット①自分に合った企業を見つけられる

就活がどんなにうまくいっても就職できる企業は1つだけです。

よって、就活中に本当に自分に合った企業を見つける必要があります。

そのためには同時にいくつもの企業を受けながら比較することが重要。

それぞれの企業が持つ社風や価値観の違いを理解して、自分が活躍できる企業を見極めてくださいね。

就活で同時に何社も受けるメリット②選考の経験をたくさん積める

選考の経験をたくさん積めるのも同時に何社も受けるメリットです。

選考を繰り返しながら、何が評価されて何が評価されないのかを知ることが就活成功のコツ。

ESや面接で必須の自己PRやガクチカ(学生時代にがんばったこと)も経験を積めば積むほど磨かれます。

自信を持って選考に挑めるようになりますので、好印象を与えられるメリットもありますね。

就活で同時に何社も受けるメリット③落ちても他の企業があるので安心

就活は落ちるのが当たり前。

同時に受けている企業が少ないとすぐに持ち駒がなくなってしまいます。

一方、同時にたくさんの企業を受けていると、たとえ落ちたとしても他の企業あるので安心ですね。

就活が進むと「もう残っている企業がない…」と焦ってしまう人が多いです。

いくつかの企業の選考を同時に受けることで精神的にも余裕が出ます。

ぜひ複数の企業の選考に参加するようにしてくださいね。

何社も同時に受けることでどんどん合格しやすくなりますよ。

就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるデメリット3つ

就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるデメリット3つ

続いて、就活で何社落ちるか不安な人向けに同時に何社も受けるデメリットを解説します。

メリットだけではなくデメリットもありますので、あわせて確認しておきましょう。

◼︎就活で同時に何社も受けるデメリット

  • 第一志望の企業に割ける時間が減る
  • 情報量が多くなりすぎる
  • スケジュール管理が難しくなる
就活で平均何社落ちるか不安な人向け同時に何社も受けるデメリット3つ

就活で同時に何社も受けるデメリット①第一志望の企業に割ける時間が減る

就活で同時に何社も受けるデメリットとしては、第一志望の企業に割ける時間が減ることがあります。

複数の企業に同時に応募すると、当然ですが1社に割ける時間が減ってしまいます。

1社にかけられる時間が短ければ短いほど準備不足になりがち。

志望動機があいまいな状態で選考に挑むことで落ちてしまう確率は上がります。

第一志望の企業に割く時間を十分に確保した上で、他の企業の選考準備をすることが重要ですよ。

就活で同時に何社も受けるデメリット②情報量が多くなりすぎる

情報量が多くなりすぎることも就活で同時に何社も受けるデメリットと言えますね。

いくつもの企業にエントリーすると会社説明会の案内やESの締切など、さまざまな情報がたくさん入ってきます。

会社説明会はどこで開催されるか、ES提出の締切はいつかなどの就活情報を自分なりに整理しておくことが重要。

特に同じ業界の企業や似た社名の企業は混乱しやすいので注意しましょう。

就活で同時に何社も受けるデメリット③スケジュール管理が難しくなる

複数の企業を受けると、それぞれの企業の選考状況を把握しなければいけないのでスケジュール管理が難しくなります

選考を通過すればするほど選考回数は増えます。

嬉しいことではありますが時間には限りがありますので、優先順位をつけて選考に進む企業と辞退する企業を選ぶことが大事です。

第一志望の企業に時間を使えるようにスケジュール調整するようにしてくださいね。

同時に複数の企業を受けるのが基本ですが、デメリットも理解しておきましょう。

まとめ|就活では平均で何社落ちる?

この記事では就活では平均で何社落ちるのかを解説してきました。

結論

就活では平均で12.7社に落ちます
落ちるのが当たり前なので同時に複数の企業を受けましょう。
理系・文系別の落ちる企業数は以下の通り。

  • 理系男子:平均8.6社
  • 理系女子:平均10.6社
  • 文系男子:平均15.6社
  • 文系女子:平均13.5社

就活では落ちるのが当たり前。

よって、何社も同時に受けることが重要です。

就活で受けるべき企業の探し方3つ」を参考に自分に合った企業を見つけてくださいね。

▼24卒にはこちらの記事もおすすめ。

>>【24卒の就活はやばい?】やばい/厳しいと言えない理由3つを解説!

>>【大学3年で就活を何もしてない24卒必見】今からやるべき7ステップ!