就活のギモン

【就活の持ち駒はいくつが平均?】簡単にできる持ち駒の増やし方も解説

【就活の持ち駒はいくつが平均?】簡単にできる持ち駒の増やし方も解説

就活の持ち駒っていくつが平均?」「みんなはいくつ持っているの?」と不安な就活生は多いですよね。

採用選考を受ける前までは「エントリー数=持ち駒数」ですが、書類選考や面接などで落ちるにつれて持ち駒はどんどん減っていきます。

とはいえ、持ち駒は心の余裕につながるので、なくならないように確保しておくことが大事。

そこでこの記事では、就活の持ち駒はいくつが平均かを最新のデータを使って解説していきます。

また、簡単にできる持ち駒の増やし方も解説していくので最後まで読んでみてくださいね。

月に3万人以上の就活生に読まれる当サイト運営者トシが『就活の持ち駒はいくつが平均か』解説しますよ!

結論

就活の持ち駒の平均は以下の通り。
持ち駒を確保するために30社以上エントリーするようにしましょう。

  • 4月時点では6.6社
  • 5月時点では4.5社
  • 6月時点では2.8社
  • 7月時点では2.0社

それでは詳しく解説していきます!

就活の持ち駒はいくつ?4月〜7月までの持ち駒数を紹介

就活の持ち駒はいくつ?4月〜7月までの持ち駒数を紹介

さっそくですが、キャリタス就活2022の就職活動調査から就活の持ち駒はいくつなのか、4月から7月までの平均持ち駒数を解説していきますね。

まずは結果をざっと確認しておきましょう。

持ち駒数出典元
4月平均6.6社4月1日時点の就職活動調査
5月平均4.5社5月1日時点の就職活動調査
6月平均2.8社6月1日時点の就職活動調査
7月平均2.0社7月1日時点の就職活動調査

それでは月ごとに解説していきますね。

4月に就活の持ち駒はいくつ?【結果:平均6.6社】

まずは、採用広報が3月1日から解禁されて1か月たった4月1日時点の持ち駒状況を見ていきましょう。

持ち駒数はキャリタス就活2022の就職活動調査に掲載されている「現在選考中の企業数」を参考にしています。

4月1日時点の就活生1人あたりの持ち駒は平均6.6社。

エントリー数が平均24.4社なので、この時点で持ち駒として残っているのはエントリーした企業の3割程度ですね。

(選考に参加しなかったり、ESで落ちるなどで持ち駒がかなり減っています。。)

4月は「これまで興味を持った企業(エントリーした企業)を中心に活動する」と答えた人が多いのが特徴です。

「今後のエントリー予定社数」は平均5.2社。

この時期から持ち駒を増やし始める人もたくさんいます。

5月に就活の持ち駒はいくつ?【結果:平均4.5社】

5月1日時点の就活生1人あたりの持ち駒は平均4.5社。

4月よりも2社程度、持ち駒が減っていますね

この時期には「志望業界・職種の見直しで持ち駒を増やしていく」と回答した人が最も多くなっているのが特徴です。

内定がない就活生が業界・企業の選択肢を広げ始める時期と言えますね。

6月に就活の持ち駒はいくつ?【結果:平均2.8社】

6月1日時点の就活生1人あたりの持ち駒は平均2.8社。

5月よりもさらに持ち駒が減っていますね

「これから受験予定の企業数」は平均1.9社。

6月は4月、5月にエントリーした企業の選考を受け始める時期でもあります。

7月に就活の持ち駒はいくつ?【結果:平均2.0社】

7月1日時点の就活生1人あたりの持ち駒は平均2.0社。

「これから受験予定の企業数」は平均1.6社となっています。

この時期の内定率は80%を超えるので、かなり焦り始める時期でもあります。

「新たな企業を探しながら、持ち駒を広げていく」と回答した就活生が最も多く、秋選考に向けて仕切り直しをする人が増えてくる時期とわかりますね。

【結論】就活の持ち駒を確保するためには3月、4月時点のエントリー数が大事!

4月から7月までの持ち駒の推移を見てきました。

ここで結論としてお伝えしたいのは「就活の持ち駒を確保するためには3月、4月時点のエントリー数がめちゃくちゃ大事」ということ。

4月時点でもエントリー数の30%ほどしか持ち駒として残らず、その後はどんどん減っていきます。

とにかく最初のエントリー数を増やしましょう。

ESの質を上げたり、面接対策などに集中すべき5月以降に志望業界・職種を見直してエントリー数を増やすのは時間がもったいないですよ。

7月1日時点の平均エントリー数は29.1社。

よって、3月、4月時点であらかじめ30社以上にエントリーしておくと途中でエントリー数を増やさずに就活を進められます。

「でも、どうやってエントリー数を増やすの?」という人は、次の章で持ち駒の増やし方を解説するのでチェックしてみてくださいね。

とにかく最初のエントリー数が大事です。
エントリー数を絞りすぎると、当然持ち駒が少なくなるので注意しましょう。

就活の持ち駒の増やし方3つを解説

就活の持ち駒の増やし方3つを解説

就活では持ち駒を確保することが重要ですが、そのためには「エントリー数を増やすこと」が大事な理由を解説していきました。

とはいえ、エントリーする企業が「入社したい!」と思える自分に合った企業でないとエントリーする意味はないので注意です。

そこで、ここからは自分に合った企業のエントリーを増やして、しっかり持ち駒を確保する方法を解説していきます。

  1. 逆求人サイトで自分に合った企業のスカウトをもらう。
  2. 合同選考イベントでたくさんの企業と直接会話する。
  3. 就活コミュニティで厳選した企業を紹介してもらう。

それぞれ解説していきます。

就活の持ち駒の増やし方①逆求人サイトで自分に合った企業のスカウトをもらう

就活の持ち駒の増やし方の1つ目は、逆求人サイトで自分に合った企業のスカウトをもらうことです。

逆求人サイトは『就活をめちゃくちゃ楽にしてくれる』便利な就活サイトですよ。

サイト名OfferBoxキミスカdodaキャンパス
参加企業数10,000社以上950社6,800社
就活生利用数3人に1人4人に1人5人1人
適性検査適性検査251問適性検査150問適性検査23問
費用無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
逆求人サイトとは
  • プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトが届く就活サイト
  • プロフィールを評価してくれた企業からスカウトがくるので内定に直結しやすい
  • 自分で企業探しするよりも効率的にエントリーを増やすことができる

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 自分のことを評価してくれる企業に出会いたい。
  • 自分に合った企業のエントリー(持ち駒)を自動で増やしたい。
  • CMをしている有名企業しか知らない。
  1. OfferBox
    →業界1位。就活生の『3人に1人』が登録。参加企業『10,000社以上』。経済産業省やニトリも参加。大学生協イチオシ。
  2. キミスカ
    →業界2位。大手グループ会社が参加。最高精度の『適性検査』で自己分析をサポート。
  3. dodaキャンパス
    →業界3位。教育大手のベネッセが運営。オファー受診率『97%』、オリコン顧客満足度『1位』。

上記3社から気になるサイトを選んでも良いですし、もちろん併用してもOKです!

例えば「1番人気のあるサイトだけ登録しておこう」という人は『OfferBox』だけを利用。

「無料だから全部使っておこう」という人は「3つとも利用してみる」など使い方は自由です。

3つのサイトを併用すれば色々な業界の大手から中小・ベンチャー企業まで幅広くスカウトをもらうことができますよ。

また、3つのサイトは精度の高い「自己分析ツール」を提供していますので、どんどん活用して自己分析を進めていきましょう。

▼OfferBoxの口コミはこのような感じ。

OfferBoxは3人に1人の就活生が利用しています。
逆求人サイトの利用は当たり前になってきていますね。

逆求人サイト3社については以下で徹底比較していますのでチェックしてみてくださいね!
【逆求人サイトおすすめ3選】OfferBox・キミスカ・dodaキャンパスを徹底比較

OfferBox(オファーボックス)

OfferBoxの特徴

公式サイト『https://offerbox.jp

  • 大手からベンチャーまで10,000社以上が利用する最大手の逆求人サイト
  • 経済産業省や資生堂、マイクロソフト、ニトリも利用するほどの信頼性
  • 就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴

OfferBox 』は大手からベンチャーまで10,000社以上が参加する最大手の逆求人サイトです。

就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴ですね。

OfferBoxに参加している企業の15%が上場企業なので、大手・優良企業から普通にスカウトが届きますよ

OfferBoxの特徴2

ES・適性検査なしの特別枠選考インターンシップに招待されることもあり、内定につながりやすいことも大きなメリットです。

また、OfferBoxでは「AnalyzeU+」という自己分析ツールを使うことができます。

251の質問に答えることで社会で求められる力を「偏差値」で計れるのがポイント。

AnalyzeU+を受ければ自己分析で重要な「自分で気づいていない自分自身」がわかりますので、自分の強みを効率良く見つけることができますよ。

OfferBoxの適性検査の特徴4

AnalyzeU+の診断結果は「社会人基礎力 11項目」「次世代リーダー力 14項目」の計25項目で表示され、特に点数が高かったものは星印がついています。

OfferBoxの特徴3

星印の項目は自分の特徴として強く出ている部分。

この特徴を発揮した過去の出来事を探すことで簡単に自己PRを作ることができますよ。

OfferBoxでは「適性診断360度」でLINEを使って友達や親に自分の評価を依頼することもできます。

他己分析をしてみたいけど「どんな質問をしたら良いかわからない」という人には特におすすめ。

自分の得点と併せてグラフで表示されるので一目でわかりやすいですね。

OfferBoxの特徴4

OfferBoxでは次のようなスカウトがもらえますよ。

プロフィールを拝見し非常に共感致しました。【技術も能力もなくても人を動かす力がある】って、良い言葉ですね!

のように自分を認めてくれた上でコメントが届くのが嬉しいですね。

OfferBoxは一斉送信ではなく人事が手作業でスカウトを送るシステム。

スカウトがきただけで企業が自分に興味をもっているとわかるのも良い点です。

少しでも気になる方は詳細をチェックしてみてくださいね。

\大手・優良企業からスカウトがくる/

OfferBoxの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

OfferBoxの評判・口コミが気になる人は以下を参考にどうぞ。
【OfferBox(オファーボックス)の評判】実際に利用した23卒の口コミを共有

キミスカ

キミスカの適性検査の特徴1

公式サイト『https://kimisuka.com

  • 逆求人サイトの中でも大手企業のグループ会社など穴場企業に強い
  • 自己分析・仕事選びに役立つ最高精度の適性検査が受験できる
  • 15分の検査で性格の傾向・職務適性・長所・短所まで全てわかる

キミスカ 』は評価ナンバー1の自己分析ツール「キミスカ適性検査」を受験できる逆求人サイトで就活生の4人に1人が利用しています。

キミスカは大手企業だけではなく大手のグループ会社など中堅やベンチャーの参加が多いのが特徴です。

キミスカの特徴1

穴場の優良企業が多く参加していますので、OfferBoxと併用することで大手から中小・ベンチャーまで幅広くスカウトをもらうことができますよ。

キミスカには次の3種類のスカウトがあるのがポイント。

  • 気になるスカウト
  • 本気スカウト
  • プラチナスカウト

スカウトの種類で企業の本気度がわかることも、キミスカが就活生に支持されている理由ですね。

キミスカの特徴2

キミスカの適性検査では150の質問に答えることにより、性格の傾向・職務適性・長所・短所まで全てわかります。

キミスカの適性検査の特徴1
キミスカの適性検査の特徴3
キミスカの適性検査の特徴4

キミスカは「他の就活サイトの自己分析ツールよりも詳しく分析」してくれるので自己分析を深めるのに最適。

特に「9.人物像及び人材活用に関するコメント」が「当たりすぎてスゴイ!」と高く評価されていますよ。

事業企画や商品企画といった新しく何かを生み出すような仕事で、能力発揮できる可能性がある。

といった適正のある仕事まで書いてくれているのも良い点です。

「キミスカ適性検査」で自己分析を効率的に進めてみてくださいね。

\中小・ベンチャーからスカウトがくる/

キミスカの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

dodaキャンパス

dodaキャンパスの特徴

公式サイト『https://campus.doda.jp

  • 大手・優良企業をはじめ6,800社以上が利用する大手逆求人サイト
  • 教育最大手のベネッセが提供する就活サービスだから安心
  • キャリアコラムも豊富にあり、サイトの使いやすさ抜群

dodaキャンパス 』は教育最大手のベネッセが運営している大手逆求人サイトです。

ベネッセが提供する就活サービスなので安心感バツグンですね。

人気・優良企業など6,800社以上が参加。

さまざまな規模の会社からスカウトが届くので、登録する価値が高いと言えますね。

dodaキャンパス の特徴1

オファー受信率は97%と非常に高く、プロフィールをきちんと書くことでほぼ全ての人がオファーを受けることができますよ。

dodaキャンパスは97%の人がオファーをもらえる

dodaキャンパスでは「適性検査GPS」という自己分析ツールを使うことができます。

質問数は23と少ないですが、自分の性格がグラフ化されるのでわかりやすいですね。

dodaキャンパスの適性検査の特徴2

dodaキャンパスの最大の特徴は添削のプロによる自己PR添削サービスがあることです。

ベネッセが提供するdodaキャンパスならではサービスですので、ぜひ活用してくださいね。

dodaキャンパスでは自己PR添削を提供

質の高いキャリアコラムや就活力アップに役立つオンラインイベントも豊富に提供していますので、気になる人は以下から詳細をチェックしてみてくださいね。

\人気・優良企業からスカウトがくる/

dodaキャンパスの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

就活の持ち駒の増やし方②合同選考イベントでたくさんの企業と直接会話する

就活の持ち駒の増やし方の2つ目は、合同選考イベントでたくさんの企業と直接会話することです。

合同選考イベントは、人事と直接話せる時間が長いのが特徴。

自分に合った企業かしっかりと理解した上でエントリーすることができますよ。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 合同選考イベントで自分に合った企業を効率的に探したい。
  • 優良企業から特別選考で内定を獲得したい。
  • 就活の経験をどんどん積みたい。

ここでは『GD(グループディスカッション)で無双できるようになる』体験型就活サービスの『digmee』を紹介します。

合同選考イベントだけではなくGD練習会の人気も高いので、チェックしてみてくださいね。

  • digmee
    ・合同選考イベントで大手・優良企業と出会える
    ・情報収集からES、GD、面接まで徹底サポート

▼digmeeの口コミはこのような感じ。

合同選考イベントは直接人事と話せる利用価値の高い就活サービスなので、ぜひ活用してみてくださいね。

digmee(ディグミー)

digmeeの評判
  • LINEだけで情報収集からES添削、GD練習、面接対策、内定獲得まで完結
  • GD練習会では丁寧なFBをもらえるので、どんどん成長できる
  • 新しいサービスなので使うだけで他の就活生と差別化できる

digmee』はLINEで就活ができる次世代就活サービスです。

▼LINEの画面はこのような感じ。

digmeeの評判

就活をサポートする次のサービスをすべて無料で提供していますよ。

  1. 企業の選考情報などさまざまな就活情報の発信
  2. ES(エントリーシート)添削
  3. GD(グループディスカッション)練習会
  4. 合同選考イベント

※GD練習会や合同選考イベントはオンラインなので全国どこからでも参加できます!

digmeeは毎週色々なイベントを開催しているので「時間がある時に手軽に参加できる」ことが大きなメリットですね。

digmeeの評判

特に就活生から評判が高いのはGD練習会と合同選考イベントです。

GD練習会では、すごく丁寧にフィードバックがもらえるので「GDが苦手…」という人でも、どんどん成長することができますよ。

合同選考イベントではサイバーエージェントなど大手・優良企業が参加します。

イベントで企業に評価されれば選考が一部免除されるオファーがもらえるので「早く内定が欲しい」という人は積極的に活用してみてくださいね。

その他、digmeeでは次の企業が参加していますよ。

  • リクルート
  • ヤフー
  • 楽天
  • 伊藤忠商事
  • 三井不動産
  • 東京海上日動
  • ソフトバンク
  • メルカリ
  • 三菱地所
  • JT
  • DeNA

興味のある人は以下から公式LINEに登録できますので詳細を確認してみてくださいね。

\合同選考イベントで企業と気軽に話せる/

公式LINEで詳細を見てみる

【完全無料】30秒で登録できます

digmeeの評判・口コミが気になる人は以下を参考にご覧ください。

【digmee(ディグミー)の評判】LINEで就活!良い/悪い口コミを徹底解説

就活の持ち駒の増やし方③就活コミュニティで厳選した企業を紹介してもらう

就活コミュニティはメンターだけでなく『他の就活生との交流もできる』仲間作りにベストな就活サービス。

その中でも多くの就活生に利用されているのが、『irodasSALON(イロダスサロン)』です。

毎月40回以上開催されているセミナーでは自己分析やES・GD・面接対策ができますので就活力を上げたい人に特におすすめですよ。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 自分に合った企業を紹介してもらいたい。
  • セミナーでES・GD・面接対策をしたい
  • 就活を一緒にがんばる仲間を作りたい。
  • irodasSALON
    →コミュニティ型就活支援サービス。内定率『98%』、満足度『95%』。丁寧な選考サポートで内定まで徹底サポート。

▼口コミはこのような感じ。

irodasSALONはメンターだけじゃなく他の就活生との交流もできるので「就活コミュニティ」と呼ばれています。
「ひとりで就活を進めるのが不安」という人にぴったりのサービスですよ。

就活コミュニティと同じように厳選した優良企業を紹介してくれる「就活エージェント」も就活を効率よく進めるのにおすすめです。

活用すべき10個のサービスを以下の記事にまとめていますので参考にどうぞ。
【23卒必見】新卒におすすめの就活エージェント10選!

irodasSALON(イロダスサロン)

イロダスサロンの特徴1

公式サイト『https://irodas.com

  • 内定率98%、満足度95%の圧倒的な実績をもつ就活コミュニティ
  • 全国500校・年間13,000人以上の就活生が利用する信頼性の高さが特徴
  • 自分に合った企業の紹介や特別選考フローの案内をしてもらえる

irodasSALON』は内定率98%、満足度95%の実績をもつ就活コミュニティです。

全国500校・年間13,000人以上の就活生が利用している人気の高さが特徴で、23卒の就活をサポートする次のサービスをすべて無料で提供しています。

  1. キャリア講座:就活に関する講義が受けられる
  2. キャリア形成素材:就活系の教材がもらえる
  3. 適性検査:適性検査を受験し自己分析ができる
  4. メンター:就活相談や自分に合った企業を紹介してもらえる

※講座や面談はオンラインなので全国どこからでも参加できますよ!

イロダスサロンの特徴2

irodasSALONは月40回以上開催しているセミナーで自己分析から業界・企業研究まで効率的に進められることが特徴ですね。

GD対策や面接対策も徹底サポートしてくれるので就活力を圧倒的に高めることができます。

irodasSALONでは、23卒向けにしっかりと就活力をつけた上で選考に挑むスケジュールが計画されていますよ。

イロダスサロンの特徴3
  • 1か月目→自己分析講座<前編>+キャリア戦略講座<前編>
  • 2か月目→自己分析講座<後編>+キャリア戦略講座<後編>
  • 3か月目→GD・面接対策講座+キャリア戦略講座<後編>
  • 3か月目以降→選考・内定

友人を紹介したい75%」「講座・面談の満足度95%」と参加者の評価が非常に高いのも良い点です。

また、irodasSALONが他のメンターがつく就活サービスと比べて際立っているのが「信頼性の高さ」です。

irodasSALONではメンターやセミナー講師の方がTwitterで積極的に発信。

スタッフの方が顔と名前を出してTwitterで発信するのは「実はかなりすごいこと」で他の就活サービスでは見られません。

なぜなら、サービスに不満があると個人宛に炎上するリスクがあるからですね。

メンターやセミナー講師の方のアカウントを見ると精一杯キャリアサポートされていることがよくわかりますよ。(Twitterでirodasと検索すればOK)

irodasSALONの評判やどのようなスタッフがいるかが気になる人は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
【irodas(イロダス)の評判】やばいって本当?良い/悪い口コミを徹底解説

\面談を元に自分に合った企業を紹介/

イロダスサロンの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

irodasSALONには定員があります。(メンターがサポートできる人数にも限界があるので…)

23卒の定員は13,000人ですが、すでに10,000人以上が登録。

興味がある人は締め切られる前に登録だけでもしておくと安心です。

就活の持ち駒が多いメリット・デメリット

就活の持ち駒が多いメリット・デメリット

「就活の持ち駒は多い方がいいよ!」という話をしてきましたが、改めて持ち駒が多い場合のメリットを解説しておきますね。

また持ち駒が多いことによるデメリットもありますので、合わせて紹介します。

就活の持ち駒が多いメリットとデメリットは次の通り。

就活の持ち駒が多いメリット・デメリット

持ち駒が多いメリット①とにかく心に余裕ができる

就活の持ち駒が多い最大のメリットは「とにかく心に余裕ができること」ですね。

内定がない状態で持ち駒がなくなるのは本当につらいです。

最初からエントリー数を絞りすぎると、あっという間に持ち駒がなくなることもあります。

少なくとも30社以上エントリーし、持ち駒を確保するようにしましょう

持ち駒を持っているだけで心に余裕が生まれ、前向きに選考に挑めます。

そういった前向きさは自然と表情や声に表れるので、選考に通過できる可能性も高くなりますよ。

持ち駒が多いメリット②1社に固執せずに就活を進められる

1社に固執せずに就活を進められることも就活の持ち駒が多いメリットです。

1社に固執してしまうと、落ちてしまった時に就活のやる気がなくなってしまうので注意。

自分に合った企業にエントリーして持ち駒として持っておくことで、たとえ第一志望に落ちてしまってもすぐに切り替えることができますよ。

持ち駒が多いデメリット①1社にかけられる時間が短くなる

持ち駒が多いデメリットとして、1社にかけられる時間が短くなることがありますね。

ESの締め切りや面接時期は多くの企業で重なってしまうので、持ち駒が多いほど忙しくて大変。

そのためにも、先ほど紹介した就活コミュニティなどを活用して、できるだけ早く就活準備を始めておきましょう

持ち駒が確保できていると安心して就活を続けられますよ。

持ち駒が多いデメリット②スケジュール管理が難しくなる

スケジュール管理が難しくなることも持ち駒が多いデメリットですね。

採用広報が解禁される3月以降は立て続けに就活イベントがあるので、持ち駒が多いほどスケジュール管理が難しくなります。

就活がうまくいっている人ほど面接の回数がどんどん増えていきます。

各企業の選考日程を把握して無理のないスケジュールを組むようにしましょうね。

持ち駒が多いと忙しくて大変ですが、持ち駒を確保しているメリットの方が大きいです。
とにかく最初にエントリー数をしっかり増やすようにしましょうね。

まとめ|就活の持ち駒はいくつが平均?【結論:4月時点で6.6社|7月時点で2.0社】

この記事では、就活の持ち駒はいくつが平均かを最新のデータを使って解説してきました。

結論

就活の持ち駒の平均は以下の通り。
持ち駒を確保するために30社以上エントリーするようにしましょう。

  • 4月時点では6.6社
  • 5月時点では4.5社
  • 6月時点では2.8社
  • 7月時点では2.0社

繰り返しになりますが、持ち駒を確保して心に余裕を持つことが就活成功のコツです。

「もう持ち駒がない。。」とならないように最初のエントリー数は30社以上を目指しましょう。

ぜひ紹介した「就活の持ち駒の増やし方」を参考にして、自分に合った企業の持ち駒を確保してくださいね。

▼23卒にはこちらの記事もおすすめ!