内定のコツ

【公務員に全落ちした人必見】試験に落ちてからの民間就活5ステップ!

【公務員に全落ちした人必見】試験に落ちてからの民間就活5ステップ!

公務員に全落ちしたらどうすればいい?」「これから民間就活を始めて内定を獲得できるの」と気になっている人は多いですよね。

結論から言うと、公務員に全落ちした後に民間就活を始めた人でも内定を獲得することは可能です。

とはいえ、就活はすでに後半戦。

公務員試験後から民間就活を始める人は効率的に就活対策を行う必要がありますよ。

そこで、この記事では公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップを解説していきます。

公務員に全落ちした人が知っておくべき最新の就活状況も合わせて紹介しますので、最後まで読んでみてくださいね。

この記事は以下の就活生におすすめ!

  • 公務員に全落ちしたらどうすれば良いか知りたい。
  • 公務員試験に落ちてからの民間就活の方法を知りたい。
  • 就活後半戦から民間企業の内定を獲得したい。

月に3万人以上の就活生に読まれる当サイト運営者トシが『公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップ』を解説しますよ!

結論

公務員試験に落ちてからの民間就活5ステップは以下の通り。

  1. 自己分析で自分の強みを洗い出す
  2. 会ってみたいと思わせるESを書く
  3. 納得度の高い志望動機を作る
  4. GD練習を徹底的に行う
  5. 面接練習を繰り返し行う

それではいきましょう!

目次
  1. 公務員に全落ちしたらどうする?
  2. 公務員に全落ちする人はどれくらいいる?
  3. 公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップ
  4. 【公務員に全落ちした人必見】最速で民間内定を獲得する方法3つ
  5. まとめ|公務員に全落ちした人は民間就活で内定を目指そう!

公務員に全落ちしたらどうする?

公務員に全落ちしたらどうする?

最初に、公務員に全落ちしたらどうするかを解説していきますね。

公務員に全落ちした人の選択肢は次の通り。

◾️公務員に全落ちした人の選択肢

  1. 就活で民間企業の内定を目指す
  2. 公務員浪人して来年の公務員試験を受ける
  3. 大学を留年する
  4. 大学院に進学する
  5. 民間企業に就職して公務員転職を目指す

公務員に全落ち後の選択肢①就活で民間企業の内定を目指す

公務員に全落ちした人の多くは就活に切り替えて民間企業の内定を目指します

公務員試験と民間企業の選考は同時期に行われるので、すでに就活は後半戦。

この時期の就活状況を確認するために就職みらい研究所の就職白書2022より、8月以降に内定を持っている人の割合を見てみましょう。

公務員に全落ち後の選択肢1つ目は就活で民間企業の内定を目指すことです。
  • 8月:85.3%
  • 9月:90.0%
  • 10月:92.4%
  • 12月:95.2%
  • 3月:96.4%

これより8月以降に内定を持っている人はかなり多いことがわかりますね。

つまり、公務員を全落ちした後に就活を始める人は出遅れていることは事実

企業探しから選考対策までサポートしてくれる『キャリアパーク就職エージェント』などを利用して、効率よく就活を進めるようにしましょう。

公務員に全落ち後の選択肢②公務員浪人して来年の公務員試験を受ける

公務員に全落ちした人の中には、公務員浪人して来年の公務員試験を受ける人もいます

大学を卒業して公務員試験の対策をすることになるので、時間を十分に確保できるのがメリット。

「どうしても公務員になりたい!」という人は公務員浪人を選ぶ人が多いです。

とはいえ、同じように公務員浪人をして徹底的に勉強をしている人はたくさんいます。

公務員浪人しても合格できる保証はないので、リスクが高い選択肢と言えますね。

公務員浪人する人は公務員予備校に通うことを検討するのがおすすめ。

お金はかかってしまいますが、来年の公務員試験で一発合格するのが最もコスパが良いですよ。

公務員に全落ち後の選択肢③大学を留年する

大学を留年することも公務員を全落ちした後に選べる選択肢の1つ

留年することで、1年かけてしっかり就活対策ができるのがメリットと言えますね。

また、公務員を諦めきれない人は再チャレンジすることもできますよ。

一方、デメリットとしては学費が余分にかかってしまうこと。

来年の公務員試験を受ける人は、公務員浪人と同じく受かる保証がないのもリスクです。

十分に考えた上で留年するかどうかを決めるようにしてくださいね。

公務員に全落ち後の選択肢④大学院に進学する

公務員に全落ちした人の中には大学院に進学する人もいます

学部と同じ大学院への進学であれば入学金を免除されたり、入試が優遇される場合がありますね。

入試は9月・10月ごろが多いので、公務員を全落ちしたタイミングからでも間に合う人が多いです。

とはいえ、文系の人は大学院に進学することで民間企業に就職しづらくなる可能性があるので注意。

「大学院でやりたいことがある」という人以外は選ばない方が良いと言えますね。

一方、理系の人はそもそも大学院に進学する人が多く、企業も大学院生を採用する傾向があるので比較的選びやすいです。

当然、学費はかかってしまいますが、民間企業を狙う人は考えてみても良いでしょう。

なお、文系・理系ともに大学院に通いながら公務員試験を目指すのは簡単ではないです。

公務員を諦めきれない人は、大学院の研究と公務員試験対策を両立する意志が必要ですよ。

公務員に全落ち後の選択肢⑤民間企業に就職して公務員転職を目指す

公務員に全落ち後の選択肢5つ目は、新卒で民間企業に就職して数年後の公務員転職を目指すことです。

社会人でも新卒と同じく一般枠で受験可能。

年齢条件は各自治体や省庁により異なりますが、30歳前後までチャレンジできますよ。

また、民間企業に就職すれば職務経験がある人を対象とした経験者枠での採用も目指せます。

よって、「会社の給与を使って公務員試験の対策をしたい」という人は1度民間企業に就職することを検討してくださいね。

公務員に全落ちした人は、どの進路を選ぶのかを決めることから始めましょう。

公務員に全落ちする人はどれくらいいる?

公務員に全落ちする人はどれくらいいる?

次に、公務員に全落ちする人はどれくらいいるのかを解説します。

公務員試験に再チャレンジするのか、民間企業の内定を目指すのかを考える参考にしてくださいね。

公務員に全落ちする人の割合|国家公務員の場合

まずは国家公務員に全落ちする人の割合を見ていきましょう。

2022年度総合職試験(大卒程度試験)では13,674人が受験し、最終合格者が1,255人。

合格率は9%でした。

つまり、合格できたのは10人中1人以下。

10人中9人以上が国家公務員に落ちています。

また、2022年度一般職試験(大卒程度試験)では23,711人が受験し、最終合格者が6,099人。

合格したのは4人に1人程度なので、総合職と同じく全落ちした人が多いと言えますね。

国家公務員を目指す人のほとんどが全落ちしていることを知っておきましょう。

公務員に全落ちする人の割合|地方公務員の場合

続いて、地方公務員に全落ちする人の割合を見ていきましょう。

総務省の「競争試験における受験者数、合格者数、採用者数、競争率の推移」より、令和2年度の市区採用では171,563人が受験し、最終合格者は18,274人。

合格率は11%なので、合格できたのは10人中1人程度でした。

つまり、10人中9人程度は地方公務員に全落ちしています。

国家公務員と同じく、地方公務員に合格するのも難しいと言えますね。

公務員に全落ちする人はめちゃくちゃ多いです。
民間就活も候補の1つとして考えてみてくださいね。

公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップ

公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップ

ここからは、公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップを解説します。

民間企業への内定を目指す人は次のステップで就活を進めていきましょう。

◾️公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップ

  1. 自己分析で自分の強みを洗い出す
  2. 会ってみたいと思わせるESを書く
  3. 納得度の高い志望動機を作る
  4. GD練習を徹底的に行う
  5. 面接練習を繰り返し行う

民間就活ステップ①自己分析で自分の強みを洗い出す

民間就活で内定を獲得するには、自己分析で自分の強みを洗い出すことが重要です。

自己分析でまず理解したいことは「自分の強みは何か」ということ。

なぜなら自分の強みを洗い出した上で、志望する企業・職種で活かせる強みに合わせて自己PRを作るのが内定獲得のコツだからですね。

採用担当者は「自社とミスマッチがない人材か」「活躍できそうな人材か」を合格の基準にしています。

つまり、志望する企業・職種で活かせる強みをアピールすれば選考通過にグッと近づきますよ

なお、自己PRでは自分の強みが発揮されたエピソードも一緒に伝えると高評価をもらえます。

「なぜその強みがあると言えるのか」に説得力を持たせるには、具体的なエピソードが必要。

誰が聞いても「たしかに、その強みを持っていそうだな」と思えるエピソードを答えられるように準備してくださいね。

自己分析には逆求人サイトの『OfferBox 』や『キミスカ 』が提供している自己分析ツールを活用するのがおすすめです。

民間就活ステップ②会ってみたいと思わせるESを書く

ES(エントリーシート)は民間就活の最初の関門

通過しないと当然面接にも呼ばれないので、しっかり対策をしておきましょう。

質問事項としては「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」「自己PR」「志望動機」が定番。

どの質問においても以下を意識するようにしてくださいね。

  • 正しく論理的に回答しているか?
  • 志望企業にマッチしている人材だと伝えられているか?
  • 熱意が込められているか?

「ESをすぐに添削してほしい…」という人必見の無料サービスはこちらの記事を参考にどうぞ。

民間就活ステップ③納得度の高い志望動機を作る

志望動機は使い回しができないので、しっかり対策しているかどうかで差がつきます。

まずは「なぜ競合他社ではなく、御社を志望するのか」を自分の言葉で語れるようになりましょう。

そのためには、企業の事業内容や職種ごとの業務内容、企業の求める人材を把握することが大事。

また、企業の競合他社の研究も行い、競合他社ではダメな理由を明確にすることで志望動機に説得力をつけることができますよ。

次に、自分の価値観や経験を元に以下をじっくり考えてみることが重要です。

  1. その会社で自分は何をしたいのか?
  2. なぜそれをしたいと思っているのか?

この2つを考えることで採用担当者に「なるほど、こういう性格でこういう経験をしてきた人だから自社を志望しているんだな」と納得してもらうことができます。

さらに、「御社でこういうことを成し遂げたい!」という将来のビジョンまで語ることができれば、他の就活生に差をつける熱意を伝えることができますよ。

民間就活ステップ④GD練習を徹底的に行う

GD(グループディスカッション)は選考の序盤に行われることが多く、人気企業では面接に進む前の足切り目的で実施されるのが一般的。

公務員を目指してきた人の中には「GDの経験がない…」という人もいると思いますが、練習しておくことで対策できる選考でもあります。

反対に、練習をせずに自分の得意な立ち位置やGDの進め方がわからないまま挑むと何もできずに終わってしまうので注意。

GDに受かる人の特徴は以下の通りです。

  • コミュニケーション能力が高い
  • チームをリードする力がある
  • アウトプットに貢献できる

GDの練習ができる就活サービスをまとめた記事はこちらをご覧ください。

民間就活ステップ⑤面接練習を繰り返し行う

面接が苦手という人も多いですが、GDと同じく練習量で差がつくところでもあります。

(ほとんどの人は練習しないで本番に挑むので。)

面接練習では以下を意識してみてくださいね。

  • 第一印象を良く見せるためにできることは何か?
  • 質問の意図を理解して、結論と理由をシンプルに答えられるか?
  • 丸暗記ではなく、自然体で答えられるか?

「でも、面接練習する人がいない…」という人は『キャリアパーク就職エージェント』を活用しましょう。

丁寧に模擬面接をしてくれますので、面接力をどんどん伸ばすことができますよ。

公務員に全落ちした後に民間就活を始める人はぜひ参考にしてくださいね。

【公務員に全落ちした人必見】最速で民間内定を獲得する方法3つ

【公務員に全落ちした人必見】最速で民間内定を獲得する方法3つ

ここからは、公務員に全落ちした人必見の最速で民間内定を獲得する方法を解説していきます。

民間企業の内定を目指す人は、内定獲得に特化した就活サービスを活用することが重要。

複数のサイトを活用して効率的に就活を進めていきましょう。

◾️公務員に全落ちした人が最速で民間内定を獲得する方法

  1. 就活エージェントで厳選した企業を紹介してもらう。
  2. 就活コミュニティで徹底的に選考対策する。
  3. 逆求人サイトで自分に合った企業からスカウトをもらう。

民間内定を獲得する方法①就活エージェントで厳選した企業を紹介してもらう

公務員に全落ちした人が民間内定を獲得する方法1つ目は、就活エージェントで厳選した企業を紹介してもらうことです。

登録すると内定までしっかりサポートしてくれるので、就活後半戦には必須。

就活エージェントは就活のプロが『内定まで強力サポートしてくれる』お役立ち就活サービスですよ。

就活エージェントとは
  • 面談を元に求人の紹介をしてくれる就活サービス
  • 面接対策などの選考サポートを受けることができる
  • 内定まで一緒にがんばってくれるので安心して就活に挑める

ESや面接対策をしてもらえるのはもちろん、面談を元に自分に合った企業を紹介してもらうこともできます。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 自分に合った企業の紹介をして欲しい。
  • 就活のプロに内定までサポートして欲しい。
  • ES・GD・面接対策の方法がわからない。
サイト名JobSpringキャリセン就活エージェントキャリアスタート
企業数・規模大手・優良年間2000社量より質を重視550社から厳選紹介実績1000社紹介可能300社
就職エリア全国全国関東関東関東・大阪関東
WEB面談OKOKOKOKOKOK
費用無料無料無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
  1. キャリアパーク就職エージェント
    →大手・優良企業から『最短3日』で内定獲得。丁寧な選考サポートと求人の質の高さが特徴。大手を目指す就活生におすすめ。
  2. 就職エージェントneo
    →『21万人』の就活生をサポートしてきた業界トップクラスの実績。人気の大手・優良企業など年間2,000社以上の企業を紹介。
  3. キャリアチケット
    →量より質を重視した就活サポートで本当に自分に合った企業に出会える。企業別の個別面接対策で『内定率78%アップ』。
  4. JobSpring
    →本当に自分に合う企業を『3〜4社厳選』して紹介。徹底的なカウンセリングで自己分析が深まる。
  5. キャリセン就活エージェント
    →『6万人以上』の就活生をサポートしてきた豊富な実績。大手からベンチャーまで多数参加。
  6. キャリアスタート
    →トップレベルの就活アドバイザーからマンツーマンでオリジナルサポートを受けられる。

「どれを選べばいいかわからない…」という人は選考対策の質と信頼性の高さがバツグンの『キャリアパーク就職エージェント』がおすすめ。

この記事では『キャリアパーク就職エージェント』について詳しく解説します。

就活後半戦では大手・優良企業の内定辞退枠が狙えますので、ぜひ活用してくださいね。

23卒におすすめの就活エージェントの評判をまとめた記事を書きましたので、他のエージェントが気になる人は参考にどうぞ。

▼キャリアパーク就職エージェントの口コミはこのような感じ。

面談を元に自分に合った企業を紹介してもらえるのがすごいところ。
面接対策などで就活力も上がりますので、活用してみてくださいね。

キャリアパーク就職エージェント

公式サイト『https://careerpark.jp

  • 大手・優良企業を含む300社以上から最短3日で内定獲得
  • 年間1,000人以上と面談するアドバイザーが1人ひとりを徹底サポート
  • 上場企業のポート株式会社が運営しているので信頼性が高い
  • 就職エリア:全国
  • 面談場所:オンライン

キャリアパーク就職エージェント』は大手・優良企業を含む300社以上から自分に合った企業を紹介してもらえる就活エージェントです。

求人の質がとにかく高いので、大手企業を目指す就活生におすすめですよ。

特に就活後半戦は内定辞退枠がたくさん出るので、利用価値がめちゃくちゃ高い。

良い求人から順番になくなりますので、早めに登録しておきましょう。

公式サイトにはアドバイザーの写真や名前、自己紹介が掲載されているので安心して利用できます。

キャリアパーク就職エージェント

さらに、上場企業のポート株式会社が運営しているので信頼性はバツグン。

公開する情報にウソはつけないですし会社の規模も大きいので、まず最初に利用すべき就活エージェントと言えますね。

キャリアパーク就職エージェントの特別ルートを活用すれば、面談から最短3日で内定を獲得できるのがすごいところ。

  • ソニー
  • トヨタ自動車
  • NTTデータ
  • パナソニック
  • ベネッセ
  • キーエンス
  • 電通
  • 三菱
  • リクルート

など、幅広い業界の大手グループ企業を紹介してもらえるので、自分に合った企業を探せない人に役立つサービスですよ。

丁寧な選考サポートも受けられますので「大手企業から内定を獲得したい!」という人は、ぜひ詳細を確認してみてくださいね。

※登録後に担当者から日程調整の電話がかかってくるので、取り忘れないように注意です。

\大手から最短3日で内定獲得/

キャリアパーク就職エージェントの詳細を見る

 【完全無料】1分で登録できます

民間内定を獲得する方法②就活コミュニティで徹底的に選考対策する

公務員に全落ちした人が民間内定を獲得する方法2つ目は、就活コミュニティで徹底的に選考対策することです。

就活コミュニティは『選考突破レベルまで就活力を爆上げできる』サポート型の就活サービス。

その中でも就活生からの人気が高いのが就活コミュニティ『irodasSALON(イロダスサロン)』です。

毎月40回以上開催されているセミナーでは自己分析やES・GD・面接対策ができますので就活力を上げたい人におすすめですよ。

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • セミナーでES・GD・面接対策をしたい。
  • アドバイザーに就活をサポートしてもらいたい。
  • ひとりで就活を進めるのが不安。
  • irodasSALON
    →コミュニティ型就活支援サービス。友人に紹介したい『75%』、満足度『95%』。丁寧な選考サポートで内定まで徹底サポート。

▼口コミはこのような感じ。

irodasSALONは「ひとりで就活を進めるのが不安」という人にぴったりのサービスですよ。

irodasSALON(イロダスサロン)

irodas(イロダス)の特徴

公式サイト『https://irodas.com

  • 講座・面談の満足度95%の圧倒的な実績をもつ就活コミュニティ
  • 全国500校・年間15,000人以上の就活生が利用する信頼性の高さが特徴
  • 自分に合った企業の紹介や特別選考フローの案内をしてもらえる

irodasSALON』は講座や面談の満足度95%の実績をもつ就活コミュニティです。

専任の就活アドバイザーが1人ひとりの就活の状況に合わせて丁寧にサポート。

面談を元に自分に合った企業を紹介してもらえるのはもちろん、選考対策も受けられるのがメリットと言えますね。

※講座や面談はオンラインなので全国どこからでも参加できます!

irodas(イロダス)の特徴

最短2週間での内定実績もあるので「すぐに内定が欲しい!」という人にもおすすめですよ。

講座・面談の満足度95%」「友人を紹介したい75%」と参加者の評価が非常に高いのも良い点です。

irodas(イロダス)の特徴

irodas SALONは全国500校、年間15,000人以上の就活生が利用

就活生からめちゃくちゃ支持されている人気のサービスなので、安心して利用できますね。

irodas(イロダス)の特徴

また、他の就活サービスと比べて際立っているのが信頼性の高さです。

irodasSALONではアドバイザーやセミナー講師がTwitterで積極的に発信。

スタッフが顔と名前を出して発信するのは、実はかなりすごいことで他の就活サービスでは見られません。

なぜなら、サービスに不満があると個人宛に炎上するリスクがあるからですね。

アドバイザーやセミナー講師の発信を見ると精一杯キャリアサポートされていることがよくわかりますよ。

irodasSALONを活用すれば、ひとりで悩むことなく就活を進められます。

興味のある人は以下から詳細を確認してみてくださいね。

\23卒の就活を徹底サポート/

irodas SALONの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

irodasSALONには、すでに15,000人以上が登録しています。

アドバイザーがサポートできる人数にも限界があるので、締め切られる前に登録しておくと安心です。

民間内定を獲得する方法③逆求人サイトで自分に合った企業からスカウトをもらう

公務員に全落ちした人が民間内定を獲得する方法3つ目は、逆求人サイトで自分に合った企業からスカウトをもらうことです。

逆求人サイトは『就活をめちゃくちゃ楽にしてくれる』便利な就活サイトですよ。

逆求人サイトとは
  • プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトが届く就活サイト
  • プロフィールを評価してくれた企業からスカウトがくるので内定につながりやすい
  • 自分で企業探しするよりも効率的に自分に合った企業を見つけることができる

特に以下に当てはまる人は詳細をチェックしてみてくださいね。

  • 自分のことを評価してくれる企業に出会いたい。
  • 自分に合った企業の持ち駒を自動で増やしたい。
  • CMをしている有名企業しか知らない。
サイト名OfferBoxキミスカdodaキャンパス
参加企業数10,000社以上950社6,800社
就活生利用数3人に1人4人に1人5人1人
適性検査適性検査251問適性検査150問適性検査23問
費用無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
  1. OfferBox
    →業界1位。就活生の『3人に1人』が登録。参加企業『10,000社以上』。経済産業省やニトリも参加。大学生協イチオシ。
  2. キミスカ
    →業界2位。大手グループ会社が参加。最高精度の『適性検査』で自己分析をサポート。
  3. dodaキャンパス
    →業界3位。教育大手のベネッセが運営。オファー受診率『97%』、オリコン顧客満足度『1位』。

上記3社から気になるサイトを選んでも良いですし、もちろん併用してもOKです!

例えば「1番人気のあるサイトだけ登録しておこう」という人は『OfferBox』だけを利用。

「無料だから全部使っておこう」という人は3つとも利用してみるなど使い方は自由です。

3つのサイトを併用すれば色々な業界の大手から中小・ベンチャー企業まで幅広くスカウトをもらうことができますよ。

また、3つのサイトは精度の高い自己分析ツールを提供していますので、どんどん活用して自己分析を進めていきましょう。

この記事では特に就活生から人気の高い『OfferBox』について詳しく解説しますね。

逆求人サイトおすすめ3社を徹底比較した記事を書きましたので、キミスカ・dodaキャンパスが気になる人はこちらの記事をどうぞ。

▼OfferBoxの口コミはこのような感じ。

OfferBoxと同じく就活後半戦に必須と言えるのが、今注目を集めている『ABABA(アババ)』です。

ABABAは最終面接で落ちた経験が別企業からのスカウトに変わる画期的な就活サービス。

最終面接まで進んだ企業名などを登録すると、実績を評価した企業から選考フローカットのスカウトが届きますよ。

  • ABABA
    →最終面接まで進んだ実績を評価した企業からスカウトが届く。平均スカウト数『15社』。経済産業大臣賞を受賞。

▼ABABAの口コミはこのような感じ。

OfferBoxは3人に1人の就活生が利用。
ABABAで内定をもらう就活生もどんどん増えています。
逆求人サイトの利用は当たり前になってきていますね。

OfferBox(オファーボックス)

OfferBoxの特徴

公式サイト『https://offerbox.jp

  • 大手からベンチャーまで10,000社以上が利用する最大手の逆求人サイト
  • 経済産業省や資生堂、マイクロソフト、ニトリも利用するほどの信頼性
  • 就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴

OfferBox 』は大手からベンチャーまで10,000社以上が参加する最大手の逆求人サイトです。

就活生の3人に1人が利用する人気の高さが特徴ですね。

OfferBoxに参加している企業の15%が上場企業なので、大手・優良企業から普通にスカウトが届きますよ

OfferBoxの特徴2

ES・適性検査なしの特別枠選考に招待されることもあり、内定につながりやすいことも大きなメリットです。

また、OfferBoxでは「AnalyzeU+」という自己分析ツールを使うことができます。

251の質問に答えることで社会で求められる力を「偏差値」で計れるのがポイント。

AnalyzeU+を受ければ自己分析で重要な「自分で気づいていない自分自身」がわかりますので、自分の強みを効率良く見つけることができますよ。

OfferBoxの適性検査の特徴4

AnalyzeU+の診断結果は「社会人基礎力 11項目」「次世代リーダー力 14項目」の計25項目で表示され、特に点数が高かったものは星印がついています。

OfferBoxの特徴3

星印の項目は自分の特徴として強く出ている部分。

この特徴を発揮した過去の出来事を探すことで簡単に自己PRを作ることができますよ。

OfferBoxでは「適性診断360度」でLINEを使って友達や親に自分の評価を依頼することもできます。

他己分析をしてみたいけど「どんな質問をしたら良いかわからない」という人には特におすすめ。

自分の得点と併せてグラフで表示されるので一目でわかりやすいですね。

OfferBoxの特徴4

OfferBoxでは次のようなスカウトがもらえますよ。

プロフィールを拝見し非常に共感致しました。【技術も能力もなくても人を動かす力がある】って、良い言葉ですね!

のように自分を認めてくれた上でコメントが届くのが嬉しいですね。

OfferBoxは一斉送信ではなく人事が手作業でスカウトを送るシステム。

スカウトがきただけで企業が自分に興味をもっているとわかるのも良い点です。

少しでも気になる方は詳細をチェックしてみてくださいね。

\大手・優良企業からスカウトがくる/

OfferBoxの詳細を見る

【完全無料】1分で登録できます

OfferBox(オファーボックス)の評判をまとめた記事を作りましたので、実際に利用した声を知りたい人は参考にどうぞ。

ABABA(アババ)

公式サイト『https://abababa.jp

  • 最終面接まで進んだがんばりが評価される就活サービス
  • 最終面接の実績を見た企業からスカウトが届く
  • 大手・優良企業や有名ベンチャー企業が利用している

ここからはABABA(アババ)のサービス内容について詳しく解説していきますね。

ABABA(アババ)』は最終面接まで進んだがんばりが評価される就活サービス。

最終面接で落ちた企業名などを登録すると、その実績を評価した企業から選考フローカットのスカウトが届くのがすごいところ。

就活の過程や努力が評価されて次につながるのがABABAの特徴と言えますね。

ABABAには次のような企業が参加していますよ。

  • DMM
  • GMOペパボ
  • マネーフォワード
  • AnyMind
  • dip
  • ネオキャリア
  • アチーブメント
  • デジタルホールディングス
  • ワンスター
  • シンプレクス
  • 日本M&Aセンター
  • KLab
  • アカツキ

マネーフォワードやdipなどの上場企業も利用。

有名ベンチャー企業も利用するなど、幅広い企業からスカウトをもらえるので利用価値が高いと言えますね。

ABABAでは平均で15社からスカウトが届きますよ

ABABAは最終面接で落ちた経験のある全ての就活生におすすめの就活サービス

興味のある人はぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

\最終面接まで進んだがんばりが評価される/

ABABAの詳細を見る

【完全無料】3分で登録できます

ABABA(アババ)の評判や登録企業をまとめた記事を書きましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ|公務員に全落ちした人は民間就活で内定を目指そう!

この記事では公務員試験に全落ちしてからの民間就活5ステップを解説してきました。

結論

公務員試験に落ちてからの民間就活5ステップは以下の通り。

  1. 自己分析で自分の強みを洗い出す
  2. 会ってみたいと思わせるESを書く
  3. 納得度の高い志望動機を作る
  4. GD練習を徹底的に行う
  5. 面接練習を繰り返し行う

すでに就活は後半戦。

公務員に全落ちした後に民間企業の内定を目指す人は、効率的に就活を進めることが重要です。

この記事で紹介した就活サービスを活用しながら自分に合った企業から内定を獲得してくださいね。

▼23卒にはこちらの記事もおすすめ。

>>【まだ内定ない23卒必見】無い内定の人(NNT)がやるべき就活対策3つ!

>>【まだ間に合う新卒採用2023】23卒必見の大手企業の探し方を解説!